その他いろいろ

2018年9月15日 (土)

赤い鳥

Kodomo_2

上野の国際子ども図書館の「『赤い鳥』創刊100年-誌面を彩った作品と作家たち」に行ってきました。
図書館の建物は外の賑わいとは違い、いつ来ても静かで落ち着く場所です。
特に階段の窓や手すりが好きです。
この日は初日で人も少なくゆっくり鑑賞できました。


201803poster_2

『赤い鳥』は1918年に鈴木三重吉が創刊した児童向け雑誌です。
当時活躍していた作家、画家、詩人、作曲家たちによって創られました。
内容は昔話、外国文学の再話、童謡、科学読物、児童劇など芸術性の高いもの、上質なものを子どもたちのために提供しました。
北原白秋、芥川龍之介、小川未明、坪田譲治、西條八十らの作品は今も親しまれているものばかりです。
名だたる芸術家たちが子どもたちのために協力して創作するなんてすばらしい活動です。


『赤い鳥』は装丁も字体もお洒落です。挿絵がどれも新鮮です。
特に気に入ったのは♪ことりのうたの挿絵で笛を吹く天使の愛らしい絵がステキでした。

鈴木三重吉という人は才能豊かでこだわりも強い方だったようです。
興味深い記事がありました。
玄関の玄と関の字が嫌いで上り口としたとのこと、字へのこだわりもすごい方です。

Akaitori_3

家に鈴木三重吉の本が2冊ありました。どちらも「湖水の女」ですが、表紙も挿絵もかなり違います。
中身は全く同じ、外国の再話でおとぎ話風です。
右は大正5年に春陽堂発行の復刻版、ちょっとドキッとする絵でこれをみたら恐がる子もいるかもしれないです。
左は古本屋さんで見つけたもので1982年第1刷発行と記されています。
絵もずっと子ども向けでかわいいです。


図書館を出る時、とても幸せな気分でした。
子どもたちに良いもの、本物を与えようと情熱を注いだ鈴木三重吉の思いはこれからもずっと受け継がれていってほしいものです。

2018年9月13日 (木)

地震

平成最後の夏は西日本の豪雨に大阪の地震や台風、そして北海道の地震と多くの自然災害が立て続けに起こり、あらためて自然の猛威を感じることとなりました。


Photo_4

北海道の地震から今日で一週間。
あの日はラジオ深夜便の緊急ニュースで飛び起き、朝になって身内や友人の安否確認ができました。

札幌は今まで大きな地震はなかったので本当に驚きました。
8月の帰省の折もタクシーの運転手さんが「札幌は災害が少ないんだよ。地震もなくてね。でも家は雪が多いから頑丈なんだ」と笑顔で話されていたのを思い出します。


札幌でひとり暮らしの友人から「不安な中、たくさんのメールがきて助かった。誰かと繋がっていると思うだけで心が落ち着きます。」と無事を知らせるメールが来ました。どんなにか恐怖だったことでしょう。

私のところにも義母のことを案じてメールや電話をいただきました。
広島の豪雨で被災した友人からも明け方メールが入っていました。
自分も大変な状況ですのに気にかけてくれる人たち。本当に有難いことです。
いつ何が起きてもおかしくない時が来ている…そういう時に人と繋がっていることの大切さを痛感します。

そしてこの夏の災害は他人事ではなく、関東に住む私たちも気を引き締めて行かなくてはと思います。
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


2018年8月31日 (金)

夏の影絵紙芝居

今年の夏は関東だけでなく関西でも影絵紙芝居を上演させていただきました。

R0012193_3

大阪の友人のお母様の入居されてる高齢者施設、母校の小学校に隣接する地区センター、京都では友人の経営するカフェで。

関東では横浜、藤沢、埼玉の子どもたちの集まりで楽しんでもらえました。

どの会場でも観る人たちの心にポッと温かな灯りが燈ったことと思います。
これは言葉ではなかなか言い表せないもの、浜崎さんの影絵紙芝居には不思議な力があるのだな…初めて観たときからそう感じています。
色々な場所で上演された皆さんもきっと同じだと思いますが、語る側も幸せな気持ちになります。

それとこの夏は宅配便の方にも大変お世話になりました。
ある週など毎日影絵の発送と返却の受け取りが続いたり、午前午後と2回来てもらう日もあったり…

影絵を発送する度に「大切な作品なので取扱いに気を付けてくださいね」とお願いするのですが、最近地域の担当になった若い配達の方が品名の欄を見て言いました。
「芸術品が入っているのですね。一つしかないものですね。気を付けて運びます。」
ちょっとうれしい心遣いです。本当にその言葉通り、きっと無事に届けてくれると安堵しました。

2018年4月 2日 (月)

布絵本

笠間のイベントの翌日から札幌に帰りました。

着いた日の新聞に興味深い記事を見つけました。
「ふきのとう子ども図書館 手作り布絵本」。

Sinnbunn

ふきのとう文庫の布絵本の紹介です。何年か前に札幌の小冊子でこちらの活動を知りました。
1970年に小林静江さんがご自宅で身体障害児専用の子ども文庫を開いたのが始まりだそうです。
以前は平和というところでしたが、4年前に桑園に移転されたとのこと。
早速義母の病院の帰りに寄ってみることにしました。

Fukinotou_2

お天気だけど凍てつくように寒い日、ペタンコの靴で出かけた私は足がピリリと痛いくらい冷えてしまいましたが、子ども図書館のドアを開けた途端、お部屋のぽかぽか温かさで救われた思いでした。

木のぬくもりのある建物は日当たりもよく本の種類も豊富で、かわいい手作り品もあらゆるところに展示されています。春休みに入ったので親子連れもたくさん来ています。

布絵本コーナーは一番奥にありました。
主にフェルト素材で、触る、引っ張る、ホックをはめる、マジックテープを外すなど小さな子たちも楽しめる仕掛けもいっぱい詰め込まれています。形も大小、丸い四角いといろいろです。
どれも全てオリジナル。丁寧に手作りされていて色合いやデザインがおしゃれです。布絵本は100種、680冊もあるそうです。

雰囲気は昭和のなつかしい匂い、それでいて新鮮です。
布絵本の貸し出しもされているとのこと。
きっと手芸好きな義母が喜びそう~と「まる」「おはなしえほん」の2冊お借りしました。
「まる」は新聞にも載っていたものでスイカや時計など丸いものについてる仕掛けで変化を楽しみます。「おはなしえほん」は世界のむかしばなしの一場面が一枚の布に表現されています。


病院に持っていくと義母はベッドの上で動く方の左手で布絵本を何度もめくっては閉じるの繰り返し、手の力がないのでマジックテープを取るのが精いっぱいですが、それでも何回もチャレンジしてます。おはなし絵本の天竺木綿の裏布を持ち上げて「これ、どうやって作ってるのかしら~」と義母の声が聞こえてきそうです。どちらも義母にとっては子育て時代を懐かしいんでいるように感じれました。


ふきのとう文庫ではたくさんのボランティアの方たちがいろいろな制作に携わっていらっしゃるそうで布絵本以外にも視覚障害児のために拡大写本を作られています。
普通の本を読みやすいように大形に作り替えたもの、拡大コピーではなく文字をすべて打ち直しレイアウトも変えるそうです。
視野の狭いお子さんのために縦書きのものは横書きに、色もカラーコピーではなく色抜きでコピーしてあとから色鉛筆で色を塗るという手間暇かけた作業をされています。

手作り品の販売もあり、とてもかわいいアルファベットのカードがありました。一枚のアルファベットの裏にその頭文字の絵がアップリケされています。たとえばAはアップル。
布絵本同様、一針一針手の込んだ手作りでかわいいです。義母にも手に持ってもらって楽しんでもらいました。フェルトのカードは眺めたりめくったりするだけで私もちょっと幸せな気分です。

Fukinotou_4

札幌にこんなステキな活動をされているところがあることを知ったのも嬉しいです。布絵本は子どもだけでなく大人も楽しめる…
全国に貸し出しもしてくださるそうなのでいつか地域の皆さんにもご紹介したいです。


2017年12月27日 (水)

おもちゃ映画ミュージアム

数日前のテレビ番組で先日行った京都の「おもちゃ映画ミュージアム」が放映されていました。友人宅から歩いてすぐのところにあります。

Omosiro
民家を改造した資料館のようで入口の看板がかわいいです。

光学玩具、幻灯機、世界各国の玩具映写機、どれも珍しいものばかり展示されています。

Omosiro6

Omosiro4

映画フイルムも900本もの映像を発掘復元されたそうです。

私が訪れた日は他にアニメの勉強をしているという学生さんと二人だけ。ミュージアムの方が岡本忠成作・人形アニメ「おこんじょうるり」という短編映画を見せてくださいました。
きつねのおこんと目の見えないイタコの婆様の心温まる物語。
婆様の声は長岡輝子さん、浄瑠璃を唄うのは曽我マミさん、アニメ-ションと一体となって流れる浄瑠璃の声は伸びやかで新鮮、今でも忘れることができません。
思いがけない感動作品でした。


館内には著名な漫画家の先生方の驚き版も展示されていました。
驚き版は19世紀にヨーロッパで発見されたアニメを見る装置でフェナキストスコープと呼ばれているもの。
そういえば私も昨年作ったのがありました。

Odorokibann
何をテーマに書くか迷いましたが、「ぽりまのいないいないばあ」にしてみました。
円盤の紙に10コマの絵を順にかいて絵を鏡に映します。円盤を回してコマの間にあるスリットから鏡の絵を見ると~絵が動いてまるでアニメーションをみているようです。
スマホで一コマずつ撮影して繋ぎ合わせると動画になる、自分で作るアニメーションということですね。


おもしろ映画ミュージアムではこれまで顧みられることがなかった映画に関する機器に焦点を当ててらっしゃるそうです。また、残存率の少ない無声映画など貴重な映像を文化遺産として後世に継承する活動もされています。
時間がいくらあっても足りないくらい楽しいミュージアムでした。
京都に行った際にはまたぜひ訪れたい場所です。

2017年8月13日 (日)

えほんパーク

大阪に帰省の折、梅田の阪急で楽しいイベントが開かれていました。

Hannkyuu
9階の祝祭広場で開催されていた「えほんパーク」。
パステルカラーのちいさなおうち風のブースには年齢ごとのおススメの絵本が手に取れるようになっています。子どもだけでなく大人が楽しむ絵本のコーナーも用意されていました。

Hannkyu3
かわいいお部屋の中で読むこともできます。

Hannkyu2_2
4つの年齢別に絵本がセレクトされているそうです。
チラシには次のように書かれていました。

『こんな視点で年齢別にセレクトしました』

0~1歳…自然の音やバランスの良い色味、お母さんの声に反応する時期。美しいものを親子で楽しむことで、大切な感性が育つ絵本をセレクト。

2~3歳…絵本の登場人物に自分を同化させ、物語を通して安心感や満足感を味わいます。「あなたは大丈夫」と肯定してくれる絵本をセレクト。

4~5歳…不安感や劣等感が生まれる時期。勇気と知恵で乗り切る物語、美しい心が描かれた物語を読むと心が安定します。

6~7歳…まだ誰かに読んでもらう事が必要な時期。大切な親子の時間を彩る絵本をセレクト。喜びの体験が、自然と本に向かう習慣を育てます。

改めて絵本選びのヒントを教えていただけたように思います。

今回の絵本は京都東山二条の「きんだあらんど」という絵本屋さんが選ばれたとのこと。どんなお店だろう…翌日お店に行ってみることにしました。

Hannkyu4
Hannkyuu5
白木の棚に絵本や児童書、おもちゃがセンス良く並んでいます。
ここにもその時々に選ぶ絵本についてのメッセージが記されています。
上質で品がある雰囲気の中で手に取る絵本は、他で見るのとは違ったように思えます。
ずっとここで絵本を見ていたいな…とても落ち着く居心地の良い場所でした。

Kyouto

「ぶっくくらぶ通信」という小冊子のバックナンバーを数冊いただきました。表紙の絵がほのぼのしています。絵本や作者についての紹介、またその時々のコラムなど内容もとても充実しています。
この絵本屋さんでの配本は一人一人の状態に合わせたオーダーメイドによる選書をされるそうです。手間暇かかることですが利用される方たちは幸せですね。

もっと早くからこの絵本屋さんに出会いたかったなと思います。

2016年12月31日 (土)

リトアニアダイアリー

年の瀬のKITTEでステキなものと出会いました。

Rito8_2
4階のモーリットのウィンドウディスプレイはいつもワクワクして思わず立ち止まりたくなります。
クリスマスの時期から始まったリトアニアダイアリー。
リトアニアはfogのリネンやベビー服でなじみがありましたが、鳥笛、切り絵のような木のコースター、みつろうキャンドル、麦わらのオーナメントは初めてです。

Rito5_2


Rito3

Rito4

ヒンメリのような麦わら細工はリトアニアではソダスと呼ばれるそうです。
天使や鳥たちが大空を舞っているよう。
みつろうキャンドルはもみの木。甘い香りが漂います。
鳥笛はフクロウやにわとりかな、新しい年の酉年にピッタリです。他にも手編みのかごや布やミトンなどリトアニアの手工芸が紹介されていました。
ショーウィンドウからの眺めはずっと見ていても飽きません。何度も出たり入ったりして眺めてしまいました。
同じようだけれどそれぞれ表情が違う鳥笛やキャンドルを一つ一つ手に取って選ぶのも楽しいです。

バタバタあわただしい12月でしたが、最後にゆったりのんびりホッとする楽しい時間を過ごすことができました。
来年も楽しいこと、かわいいものと出会えますように…皆さまにとって穏やかで良いお年でありますように。

2016年7月23日 (土)

この指とまれ

影絵ワークショップで使うトレペを買いに銀座伊東屋へ出かけた折、気になるハガキを見つけました。地下のホールで開催中の池田修三木版画展のご案内ハガキです。

Hagaki_2
地下に下りる階段の壁にもあふれるばかりのかわいい絵が描かれています。

Itouya6_2
入り口近くではひまわりのワンピースの女の子がようこそとお出迎え。<ピース>

Itouya5_2
ホールの正面にはハガキの女の子がいました。

Itouya

閉店間際でしたので人もいなくてどこか夢の世界に迷い込んだようでした。いつかは思い出せないけれどどこかで見た作品。
花やこどもたちが版画を飛び出してホールでなかよく遊んでいるようです。キラキラしていてやさしくて心が弾みます。これが木版画だなんて不思議です。

Itouya0


Itouya2


Itouya3_4

ベースになっているミントグリーンの色、子どもの頃に来ていたワンピースを思い出すなつかしい色です。

作者の池田修三氏は秋田県にかほ市象潟町出身とのことですが、ここは今も暮らしの中にアートが生まれるところのようです。

Nonnbiri_2

そういえば秋田の食材を使うお店、鎌倉のグルテンフリーカフェでいただいたフリーマガジン「のんびり」はとても無料とは思えない充実したものでした。
久々にページをめくると「池田修三と詩人たち」展レポートなんて記事がありました。ここでも<ピース>のひまわりの女の子と出会っていたなんて…
2014年に渋谷で池田氏のピースする女の子の絵をもとに詩を募るイベントもあったりしたんですね。

池田修三氏は秋田の宝物と書かれています。
秋田にはきっとステキな人たちがいっぱい住んでいるんだろうな~いつかぜひ行ってみたいです。

2016年7月 2日 (土)

金糸雀

Kotori2

7月1日は童謡の日。
大正時代の子どものための文芸誌「赤い鳥」が創刊された日にちなんで名付けられたそうです。

5月6月とEテレの「にほんごであそぼ」で懐かしい童謡が流れました。
にこやかな太陽の新キャラクター、みわサンがうたう西條八十の「かなりや」。
♪唄を忘れたかなりやは後の山に棄てましょか~背戸の小藪に埋めましょか~柳の鞭でぶちましょか~と3番まではちょっと残酷で子ども心にも物悲しく切なさを感じる歌でした。それでいて魅力的なのが4番の歌詞。


唄を忘れたかなりやは 象牙の船に銀の櫂 
月夜の海に浮かべれば 忘れた唄をおもひだす


この場面、子どもたちにわかるようにと書かれた解説(日本童謡全集)によると
「或る月のいい夜、お母さんはそのかなりやを、やさしく、きれいな船にのせて海にうかべてやりました。静かな世界に置かれて、すがすがしい気分の中でかなりやははっきり昔の歌をおもひだしました。さうして、まへよりずっと美しい聲でうたひだしました。」

メロディーも3拍子に変わり、ほっと安堵するような気持ちになります。
原詩は大正7年に「赤い鳥」に掲載され、翌年成田為三が曲を付けました。かなりやは漢字で書くと金糸雀なんだそうです。

家に西條八十童謡全集の復刻版があります。お世話になってる方から頂いた大切な一冊。この中の「鳥のうた」に「かなりや」が載っています。本の後書きに「この謡のかげには、過去の或る時期に於ける私の苦悩の姿が宿されてゐる」と記されています。
西條八十は裕福な家に生まれましたが、父の死後貧困で大変な苦労を重ねたようです。この唄のカナリヤは作者自身だったのでしょうか。

Tori2_3
4月に私のところにやってきた鳥かごのカナリヤ。チェコの木のパズルですが、やっと外に出してあげることができました。
梶ヶ谷のおもちゃ屋トナカイさんでヒントをいただいたおかげです。
もうかごの中はいやだろうな~ずっとこのままでそばに置こうと思います。

2016年6月 4日 (土)

シンデレラの世界展

Tirasi

4月末から日比谷図書文化館で開催されてる「シンデレラの世界展」
デザイナーでアンティーク・コレクターのかわたまさなお氏のコレクションが紹介されています。
17世紀のフランスのシャルル・ペローや19世紀のドイツのグリム兄弟によるヨーロッパのものがアメリカに渡りました。
かわた氏のシンデレラのコレクションは500冊、そのうち300冊はアメリカのものだそうです。この展示会ではアメリカに渡ったシンデレラを時代ごとに分けて展示してあります。

シンデレラは「夢に向かって着実に努力を続ければ、誰もが必ず成功できる」というアメリカン・ドリームを体現するストーリーとして、アメリカで絵本の出版ブームを迎えたそうです。

印刷技術の歴史にも触れることができます。
手のひらサイズのチャップブック、くりぬいた板から塗るステンシルブック、破れにくく丈夫なリネンブックやしかけ絵本など。

絵本以外では再現ドレスの展示やウォルト・ディズ二―が1922年に作ったシンデレラの短編アニメを見ることができました。こちらはかぼちゃの馬車が自動車だったりお洋服も音楽もポップな感じで1950年に大ヒットしたシンデレラのアニメとは全く違います。

ランタンスライドの展示と上映も興味深いものでした。
ガラスのスライドの表面にシンデレラが美しく描かれています。
電気の幻灯機の前の時代かな、油を注いで火を焚いてその光でスライドを楽しんだとのこと。

Sinn

Sinn2

最後は撮影コーナー。ここだけは撮影も可。
ガラスの靴の前に座って「あなたもシンデレラに!」

入口でいただいたブックレットはとても丁寧に作られていて、展示会に関わられた方たちの熱い思いが伝わりました。
私も家のどこかに眠っている「シンデレラ」をもう一度読み返したいと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ