絵本の紹介

2018年4月 9日 (月)

春の絵本

日本橋のタロー書房の絵本コーナーにかわいい絵本が積まれていました。
石井睦美/文・布川愛子/絵の「はるのワンピースをつくりに」。
手に取ってパラパラとめくるとかわいくて色鮮やかなイラストに心ウキウキしてきました。

Honn1

うさぎのさきちゃんは仕立て屋のミコさんのところに春のワンピースを注文しに出かけます。
ミコさんはさきちゃんの気分を知らなくっちゃと次から次へと質問をします。春の花は?春の色って?春の音は?春になったら誰に合う?何をしたい?ポケットには何を入れる?等々…
そしてさきちゃんからの質問はえりはどうしよう?
このえりについてのミコさんの答えが楽しくて、さらさらもめんにつやつやシルク、さやえんどうの丸いまめが付いてたり、ミントの葉っぱやよつ葉のクローバーをつなげたり、クモの糸で編んだレースのえり…
本当にこんなえりがあったらいいなあ~イメージがどんどん膨らんでいきます。ボタンやかざりもさきちゃんの好みを聞くミコさん。

私の好きな場面、静かな夜、ミコさんはさきちゃんの言葉を思いかえし、野原をかけまわるさきちゃんを思い浮かべながらカタカタミシンを踏みます。静けさやミコさんの温かさがじ~んと伝わってきます。
最後にさきちゃんは出来上がったワンピースを着ておばあちゃんのところに春を届けに行きます。おばあちゃんもきっと喜ぶだろうなあ~

切り取って使えるさきちゃんの着せ替えも付いていました。子どもの頃に読んでいた「りぼん」の付録を思い出します。

Photo

この絵本を読んでいて、ふと目黒に住むデザイナーのYさんのことを思い出しました。
Yさんもいつも着る人の気持ちを考えて制作されます。

アトリエをのぞくと、奥でひたすらカタカタとミシンを踏まれています。おしゃべりも楽しい方で、時にはアトリエの前を偶然通りがかった若者の話を聞いてあげたりすることも。
Yさんが素晴らしいのは、相手の悩みを聞いた時点で自分のことになる…私も話を聞いてもらって元気になったことが何度かあります。

世界に一つしかないステキなお洋服を作るだけでなく、いつも人の気持ちを大事に考えてくれるYさん、この絵本のミコさんと重なります。

2016年9月29日 (木)

疎開生活絵巻

先月のお話会で初めて見た疎開生活絵巻。
講演してくださった福田源三さんのご学友の石田米子さんの作品です。
チラシにも印刷させていただいた茂手木恵子さんの絵巻は原物でしたが、こちらは昨年岡山の吉備人出版から出版されたものです。どちらも当時小学3年生の女の子が描いたとは思えない素晴らしい作品です。

Sokai

集団疎開で東京から新潟に移った石田さんが敗戦後の11月に東京に戻るまでの生活を記録するように描かれています。

画用紙を2コマから24コマまで割り付けていたり、共有のクレヨン、墨など使って自由な時間に好きなだけ描かれたそうです。
どの絵も色とりどりで明るくて戦時下のものとは思えません。

Sokai1

Sokai2

茂手木さん同様、食べ物の絵が多いと感じます。
石田さんは疎開先で一度でも食べたものは思い出して描かれたそうです。

福田さんのお話で常に空腹でひどい栄養失調になり、回復までに苦労されたと聞きました。何よりも食べ物の執着が強く戦中より戦後の食糧難が深刻だったとのこと。育ち盛りの子どもたち、日本中の子どもたちが飢えに苦しんでいたのでしょう。

Sokai3

日常生活や遊びについても興味深いです。物の不自由な時代に創意工夫して遊びを楽しまれたことが伺えます。ここに描かれてる子どもたちの逞しさにただただ感動するばかり。


お話会はとても有意義な時間でした。
質疑応答では、参加してくださった方たちが戦争体験を話してくださったり、大船で疎開生活をされたお父様の手記を持参してくださる方もありました。
若いお母さんからは~今、ぼんやりと過ごしていていいのかなと。こういうお話会の場がもっとたくさんあればいいのに~と感想を伝えてくださいました。
本当のことを知るということは大切なこと。
また来年も開催できたらと思います。

2015年12月24日 (木)

クリスマス絵本

町の本屋さんの絵本コーナーではクリスマスの絵本が所狭しと飾られています。
日本橋三越前のタロー書房は朝早くから開いていてちょっとした情報を得ることができる書店。懐かしい雰囲気の本を見つけました。

Honn1_2
「クリスマスの森」は1950年に発行されたアメリカの絵本。すでに他の作家の絵で出版されていた本のようですが、こちらはカバのベロニカシリーズでおなじみのR.デュボアザンの作品です。
クリスマスの日にプレゼントを配りに行くはずのサンタさんが森の中でうとうと居眠りをしてしまいます。きつねの呼びかけで森の仲間がサンタさんに代わってプレゼントを届けるといった楽しいストーリー。
森にすむ小鳥や動物たちが生き生き描かれていて、ブナの木の下でねているサンタさんのところに集まるシーンやプレゼントを運ぶシーンは今にも動きだしそう。
色使いは赤、緑、茶色の3色の濃淡で描かれています。色数が少ないのがおしゃれでステキ。
この絵本が作られた1950年はよく言われる古き良き時代のアメリカでしょうか…先日演奏した♪クリスマス・ソングや♪シルバーベルもちょうど同じころに作られた曲。人々の生活も心も豊かだったのかなあ~タイムスリップできるならこのころに行ってみたいものです。

003_3
もう一冊も1954年に作られたクリスマスの絵本「ちいさなもみのき」。毎年この時期になると読みたくなる本で、マーガレット・ワイズ・ブラウン&バーバラ・クーニーの作品です。クリスマスキャロルも楽譜付きで3曲紹介されています。こちらもブルーグレー、赤、緑、黒と色数は少ないですが、絵にマッチした色が使われています。

一粒の種だったもみの木。7回目の冬、足が悪くて外に出れない男の子のためにお父さんがおうちにもみの木を運びます。クリスマスは男の子と一緒に過ごすのです。かがやくひかりのもとへいく…冬の間、もみの木は男の子と寄り添って大きくなります。春になるとまたお父さんは森のはずれの野原にもみの木をもどします。ある冬、いつものようにやってきてくれるお父さんが来ません。
「クリスマスなしでは、このよは、ただ、おおきく、つめたく、からっぽにみえました。」
もみの木はどんなにか心細くさびしい思いだったことでしょう…

その時遠くからクリスマスキャロルが聞こえてきました。なんとあの男の子がカンテラを持って子どもたちともみの木のところまで歩いてきたのです。遠くから雪の中を歌いながら…もみの木の喜びはどんなだったでしょう。最後は子どもたちがもみの木を飾り付けます。
はじめは楽譜がステキなので購入しましたが、色合いも絵も文(訳)も素晴らしくて読んだ後に毎回心が温まる大好きな絵本です。

2015年2月16日 (月)

 ミトン

Mitonn
「ミトン」

少女とこいぬの小さな小さなファンタジー

ジャンナ・ジー・ヴィッテンゾン作 レオニード・シュワルツマン絵

まだまだ寒い今の季節にピッタリの絵本。
こいぬを飼いたくて仕方ない女の子アーニャ、でもお母さんは大反対。仕方なく赤い手袋をこいぬに見立てて遊んでいるうちにいつの間にかてぶくろが可愛いこいぬに変身します。女の子とこいぬとの間に温かなやり取りが生まれます。

随分前にケアプラザでこの「ミトン」のアニメの上映を取り入れたイベントをしたことがあります。
「チェブラ-シカ」の生みの親、ロシアを代表するパペットアニメーション作家のロマン・カチャーノフ監督によるアニメーション映画です。
友人の家でこの「ミトン」を観せてもらってすっかりファンになりました。
台詞はないけれど女の子の気持ちが手に取るように伝わってきてやさしい気持ちになります。たった10分の作品の中に温かさがいっぱい詰まっています。
人形たちや小道具がノスタルジックでステキですし、小気味よい音楽も魅力的です。

「ミトン」との出会いは杉浦さやかさんの「えほんとさんぽ」の中です。

Ehonn
この本は人気のイラストレーターさんならではの可愛いイラストと絵本の情報満載の一冊。杉浦さんの本の中でも私は一番好きかな…
絵本の紹介だけでなく絵本制作の工程、絵本屋さんに雑貨屋さん、カフェ情報など何度読んでも楽しい本。この中の「映画と絵本」、絵本や児童文学をベースにしたおススメ映画のコーナーに「ミトン」が紹介されていました。
私も大好き!というものでいっぱいです。

2014年12月 5日 (金)

XmasBOOK

Hann2_2            

                          うめだ阪急のリサ&バスパール

 

Kuma1            

                          横浜高島屋のシロクマサンタ

町はすっかりXmasモードです。
品川エキュートの書店ペーパー・ウォールで見覚えのある本を見つけました。

Honn2
一昨年、パリの空港の売店で見つけたXmasのぬりえブック。かわいいイラストがぎゅっと詰まった小さな本coloriages Noel。品川で再会できて何だかうれしいです。クリスマスのアイテムが色とりどり描かれていて、自分で絵をプラスしたり色ぬりしたり…子ども時代に戻っていっぱい楽しめます。

Honn3
雪だるまや雪の結晶、トナカイやサンタクロース等々どれもかわいいのですが、お気に入りはこのおしゃれな鳥たちの図案。やっぱりパリの鳥たちはオシャレでしょう?刺繍のデザインにもなりそうです。

おとなりにちょっと珍しい本を見つけました。
しあわせを贈るクリスマスカード1000♥

Honn1_3
グリーティングカードの老舗、アメリカのホールマーク社のカードと国内外のアンティ-クのカードの中から集められた魅力あふれる1000点が一冊の本になりました。
1800年代末から1970年代のものが中心でサンタクロース、こどもたち、花や動物たち、お菓子など8アイテムにクリスマスにまつわるお話が付いています。クラシカルなものやポップなものなど、ページをめくるたび「かわいい!」を連発してしまいます。

Honn6_2
どのページも上手に配置がなされてステキ♥よくこんなに集めれたこと…印刷の色合いも上品でとてもきれいです。子どものページではハニカムペーパーのツリーも載っていました。これ、作ってみたいなあ~
最後はラッピングペーパーの色々も集められています。デパートで使われていたものでしょうか~古き良き時代のアメリカを感じます。いつ見てもXmas気分になれる楽しい一冊です。

2014年11月12日 (水)

かえでの葉っぱ

先月、教文館で開催されていた「かえでの葉っぱ」の原画展に行ってきました。

「かえでの葉っぱ」D・ムラースコヴァ―作 関沢明子訳 出久根育絵

Honn
画家でもある作者のムラースコヴァ―さんが1970年代に作った短編集の一つが、チェコ在住の出久根さんの手によりあらたな絵本として生まれ変わったものです。
一枚のかえでの葉っぱの旅。チェコの春夏秋冬、どの季節も美しく描かれていますが、なんといっても秋の情景はため息がでます。

日本の紅葉ほど美しいものはないと思っていましたが、チェコのかえでの色の移り変わりもどんなにかステキなものなんでしょうね。いのちはどこに行くの?思えばいろんなものを見た…思えばいろんなことを聞いた…人の一生と重なり合うかえでの葉っぱの旅物語です。

Kinoko
教文館ではチェコの雑貨の販売もあったのですが、お目当てのきのこのくるみわりは完売とのこと。
チェコの雑貨屋さん、rukopisuPRAHAで同じものを見つけました。小さいけれど結構どっしりしています。くるみを入れてクルクル回す。ちょうど西国分寺のクルミドコーヒーのと同じです。クルミドで割らせてもらった時は感激でした。ここではお客さんは誰でもくるみわりが出来るのです。

家には札幌の母にもらったシンプルなくるみわりとNY土産の金属のねずみのくるみわりがあります。やっぱりきのこが一番!木のぬくもりはいいですね。

2014年9月 3日 (水)

おやすみ おやすみ

今週のNHKのラジオ番組「落合恵子の絵本の時間」で紹介されたシャーロット・ゾロトウの「おやすみ おやすみ」。

Oyasumi
二子玉川のライズショッピングセンターの入り口にある自然素材の個性的なお洋服のお店45R。奥の本のコーナーにはいつもステキな本が並んでいます。夏の初め、ここで「おやすみ おやすみ」を見つけました。

Oyasumi1
生き物たちが静かに眠る様子を、子もり歌のような優しい言葉で綴られています。あらわれるのはクマ、ハト、サカナ、ガ、ウマ、カメ、イモムシ、クモ、いぬ、こねこ、そしてこどもたち。絵はウラジーミル・ボブリというウクライナ出身のグラフィックデザイナーの手によるもの。黒ではない濃いブルーグレーの地にくっきり浮かぶ手書き風の文字がおしゃれです。夜の静けさが伝わる色彩、ところどころにみどりやむらさきの濃淡が使われています。
おやすみ おやすみ よいゆめを…大人も子どももみんなぐっすり眠れそう。

シャーロット・ゾロトウについて末盛千枝子さんのブックセミナーのメモを出してみました。末盛さんはゾロトウの絵本について、深く、優しく、静かで美しい絵本、それにつきると書かれています。「おやすみ おやすみ」もまさにその通り。

この時のセミナーでなぜ絵本が必要かということを話されていました。「絵本はハッピーエンドである、将来に希望をつなげるもの、子どもの時にそういういいものに出会っていれば大人になってからでも、かなりのことに耐えていける~それは子どもの頃の刷り込みだと思う。満ち足りた状態が幸せなことではなくて、いろんなことに出会っても希望を失わないでいける、人を愛していける、そういうことが幸せではないかと思います」

昨日の新聞に載っていた東京子ども図書館の松岡享子さんの記事も共通していると思います。
「人が生きるということは、自分の物語をつくっていくこと。そのためには他の人の物語を参考にする必要がある。お話は言葉の力を養うだけでなく、子供たちが無意識のうちに感じている将来への不安に対して『未来には希望がある』ということを伝えてあげることにもなると思います。」

2014年8月 7日 (木)

広い河の流れ

先日、ラジオ深夜便で聞き覚えのある歌が流れてきました。

「広い河の流れ」

原題は「The Water Is Wide」
この日のゲスト、ケーナ奏者の八木倫明氏が日本語に訳されたもの。
朝ドラ「花子とアン」の劇中、寄宿舎でスコット先生が窓辺で歌っていた歌で、花子が初めて覚えた英語の歌です。

八木さんのHPによると

★大きな困難を乗り越えるための小さな希望と絆★

私たちの目の前にある大河は向こう岸が見えません。
でも渡らないと未来も見えません。
橋も壊れていますが、岸辺に小さなボートを見つけ、よく見ると「希望号」と書かれています。一人で渡るには不安でも誰かとつながっていれば漕ぎ出す勇気もわいてきます。
これはそんな歌だと思います。

1670年頃からスコットランドで長く歌い継がれているものだそうですが、恋の歌というよりもっと深い愛の歌なんですね。困難に立った時、勇気を奮い立たせてくれる前向きな歌だと感じました。訳されたのは2010年でその後、震災の被災地でも歌われているそうです。シャンソン歌手のクミコさんもこの曲のCDを出されたところです。
家事をしながら思わず口ずさんでしまうくらい私のお気に入りの曲になりました。ミュージックドロップでもお母さんたちに紹介しました。

Kawa_4
「むこう岸には」

チリのイラストレーター、マルタ・カラスコの絵本。
川岸の村に住んでる大人たちはむこう岸には絶対わたってはいけないと言います。私たちとはちがうのだと。
ある日、むこう岸の男の子が手をふってきます。そしていつしかなかよくなります。
子どもたちはいつか川に橋を架けることを夢見ます。誰もが行き来できるように。「川のせせらぎの上で、あいさつやわらいごえがひびくようになるだろう」

川の色合いが何とも言えず美しく、絵も文も優しい平和を願う絵本です。今回のミュージックドロップでは紹介しかできなかったけれど、いつか読み聞かせをしてみたいです。
作者のメッセージもステキです。
~この世界のことなる人々が、いつか出会い、わかりあうことをねがいつつ~

2014年7月 5日 (土)

茨木のり子展

Noriko
世田谷文学館の「茨木のり子展」に行ってきました。
ずっと時間が取れずにいましたが、仕事の合間に行くことが出来ました。
この日は最終日。多くの来場者ですが、館内は驚くほど静かです。

茨木さんの詩はとてもわかりやすくメッセージがはっきり伝わります。
読むたびに新鮮で元気になります。
お写真からもとてもかっこよくてステキな方。大阪生まれというのもなんだか嬉しいです。
何かの記事で人前でお話されるのが苦手という記事を読んだことがありますが意外でした。

「汲む」の中の一節~初々しさが大切なの 人に対しても世の中に対しても~これは山本安英さんの言葉でしょうか、初々しさは茨木さんにぴったりの言葉のように思います。

歌手の和田アキ子さんは「自分の感受性くらい」の詩を座右の銘とされ、この詩を紙に書いて持ち歩いていたことがあるそうです。
この詩の最後に~自分の感受性くらい自分で守れ、ばかものよ~とあります。初めて読んだ時はきびしいと感じたのですが、「それを言うくらいユーモアがある人が茨木さんです。」と岸田衿子さんが書かれていたのを読み、ますますこの詩に魅力を感じました。

帰りに一階のロビーで茨木さんの朗読による「わたしが一番きれいだったころ」を聴くことが出来ました。なんて温かくて響きのある声でしょう。お声が聴けるなんて…来た甲斐がありました。

どんなに親しい相手でも決してなれ合いの精神を持たず、常に礼節を持った
清々しい交際を好まれたとか。茨木さんの人との接し方は私もお手本にしたいです。

文学館に行くときはどしゃぶりでしたが、帰る頃には雨もやみ、私の足取りも軽く駅に向かいました。

004
茨木さん作の唯一の絵本「貝の子プチキュー」。
亡くなられた2006年の発行ですが、もとは1948年にNHKラジオ番組のために書かれた童話を絵本化したものだそうです。ちなみにその時の朗読は山本安英さん。

海の底に住むひとりぼっちの貝の子プチキュー。波のつぶやきから自分はあるくこと、うごくことが出来ることを知って一度も行ったことのないところへ出かけます。途中いろいろな海の仲間たちとの出会い、今まで見たこともない美しいものにも遭遇します。
そのたびにワクワクしたり喜んだり、無邪気なプチキューの旅を応援したくなります。
最後は言い争ったカニに食べられてしまいます。そのカニがプチキューをかわいそうに思ってさめざめと泣きます。このページは大人の私でも辛くなります。小さな生き物たちにも命があり心がある…ハッとさせられました。

山内ふじ江さんの絵も素晴らしいです。壮大な海やそこでくらす生き物たちを美しく幻想的に描かれていてとても芸術性の高い絵本です。

2014年4月 7日 (月)

音楽絵本

先日のミュージックドロップではバイオリンとフルートに合わせて絵本を紹介しました。

Erittuku
まずバイオリンの演奏ではエリック・カールの「うたがみえるきこえるよ」この絵本には言葉はありません。
空想する楽しみや創造する喜びがいっぱいのイメージ絵本と書かれています。こどもたちは不思議そう。何を感じるかひとりひとりきっと違ったでしょう。宇宙かも知れないし生命の誕生?大地の恵み?それとも人生?自由に感じていいなんてワクワクします。

エリック・カールはモーツァルトのバイオリンコンチェルトの旋律に合わせて紹介するとか…
今回、バイオリンの長谷川先生が演奏してくださったのは、バッハの無伴奏パルティ―タのプレリュード、ビバルディの四季より冬二楽章、春三楽章、バッハ無伴奏チェロ組曲三番ブーレ。
こどもたちはステキな演奏を聴きつつ絵にも吸い込まれそうに集中していました。

渡邉先生のフルートの一曲目は「くるみ割り人形行進曲」
誰もがよく知る軽快なバレエ音楽ですが、今回はロシアの絵本「メルヘン・アルファベット」を紹介しながら演奏を楽しんでいただきました。

Honn
この絵本は日本でいうところのあいうえおの本で、ロシアのアルファベット一文字ずつにロシアの昔話を当てはめて描かれてるというおしゃれな絵本です。
ロシアの絵本と言えば暗いイメージでしたが、木いちごをイメージしたチェリーピンクの色など私も大好きな色。タチヤーナ・マーヴリナの絵はどれも目を見張るあざやかな色彩とデザインでアートとしても楽しめます。

Dango
上のKの文字のお話は「おだんごぱん」

Meruhenn
これはCのページ。発音は英語のSと同じエスとよぶそうです。

Tebukuro_2


こちらはTの文字。タイトルは小さなお屋敷、これは「てぶくろ」の話です。

昔話の中にはこれらのようによく知られたお話を見つけることが出来ます。
教室でこどもたちに音楽付きで紹介したらとても好評でしたので、イベントでも紹介することにしました。
こどもたちだけでなく大人の方も興味深く観て下さいました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ