« 2019年7月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年8月

2019年8月18日 (日)

オルガニート

Photo_20190818214201                                               Photo_20190818222601 Photo_20190818223801
                                       
オルガニートと出合ったのは5年前のこと。
この楽器の魅力は美しい音色は勿論ですが、誰でも簡単にすぐ回せること、
たった20音の音だけでいろんな曲を演奏できることです。
先日のワークショップでも皆さんに楽しんでいただけました。


                   Kasama_20190818225501                    


講師の宮本さんや愛好会の方による演奏から始まります。
2つの調によるアメージンググレース、
となりのトトロ、静かな湖畔では2台での輪奏、
口笛とのデュエットで口笛吹きと小犬、電車の発車音のクイズ等々
普段なかなか聴けないオルガニートを紹介していただきました。

ワークショップでは3パターンの中からやりたいものを選びました。

①カードに好きな絵をかいて絵にパンチで穴を開ける、それを回すとオリジナルの曲ができます。
②カノンコードにそって穴を開ける。パッヘルベルのカノン風になります。
③あらかじめ楽譜になっている曲に穴あけ。ハッピーバースデーなど。

最後は一人ずつ前に出てそれぞれ自作のカードを演奏しました。
皆さんとてもいい笑顔で演奏してくださいました。

オルガニート愛好会の皆さんは首都圏を中心に情報交換の場を設けておられます。
誰でも自由に参加できるとのこと、いつか伺ってみたいです。
愛好会の皆さん、ステキな演奏をありがとうございました。
オルガニート愛好会https://organette.jimdo.com/


                   010
                                    

                                                    
今年の夏、私のオルガニートも札幌と長野で大活躍でした。
札幌のふきのとう文庫、長野の保育園で影絵紙芝居の上演をした際、オルガニートを持参しました。
今まで一人で影絵の上演に行く時のBGMにはピアノを録音したものを使用していましたが、最近はできるだけ自然の音にしたくてオルガニートのBGMを流しています。

当日、友人にオルガニートを回すのをお願いしました。
上の影絵「ヘンゼルとグレーテル」にはオペラの中の曲、♪こびとさんのうたと♪主の祈りを繋げた楽譜カード、どれも語りと長さもピッタリです。

札幌も長野も影絵紙芝居を観るのは初めての方ばかり。
大人も子どもも美しい影絵にやさしい音色、どちらも充分に楽しんでいただけたようで嬉しい時間でした。

 





 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年11月 »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ