« 京都の休日 | トップページ | 影絵紙芝居の会(札幌) »

2019年4月27日 (土)

京都の本屋さん

京都滞在中にちょうど探している本があり、書店巡りをしました。
まずはじめに岡崎の蔦屋書店へ。オシャレな店内は若い人たちでにぎわっていました。
2年前に来たとき、ここの3階はブックカフェになっていてゆったりとしたソファーでお茶をいただきながら棚の本を読むことができました。

探していた本は見つからず一昨年訪ねた絵本屋きんだあらんどへ。
ここには店主の選りすぐりの絵本の数々が置いてあります。
本の配置も手に取りやすくて座って見れるかわいい椅子などきめ細かい配慮が嬉しいです。
あれもこれも…とほしくなる絵本がいっぱいありました。
取り寄せて下さるとのことでしたが、間に合わないので諦めて次は神宮丸太町の誠光社へ。

誠光社は一乗寺の恵文社にいた方が開いた書店という記事を見て気になっていました。
恵文社は私の中では乙女の書店。何時間でも居たくなる書店です。
きっと誠光社もステキなんだろうな~
通りを入った小さな書店ですがたくさんのお客さん。やはり人気なんですね。

Otai
 

探していた本はなかったのですが、
入り口近くの棚に茂田井武の「茂田井武美術館 記憶ノカケラ」を見つけました。

昨秋、石神井公園のふるさと文化館分室で茂田井武の作品を観たのですが、日本人とは思えないモダンで新鮮な作品に一目惚れしました。
それまで私の知っていたのは図書館で見た「セロひきのゴーシュ」くらい。
20代で単身パリに渡り、働きながら独学で絵の勉強をし、帰国後は主に子どもの本を中心に多くの作品を世に出した童画家です。

その茂田井武の本に出会えるなんて…嬉しいです。
自宅に戻るまでの間、何度も開いて楽しみました。

 
Sute1

本の中に懐かしさを感じるかわいい作品がありました。

1954年のキンダ―ブックに載せた「すてんどぐらす」。
ベルギーに旅行中、アントワープの寺院の印象から生まれた作品だそうです。

解説には~外には冬枯れの木立。春、夏、秋の色ガラスを通してこどもたちにあたたかい陽が降り注ぐ~とあります。
差し込む光はお子さんたちがクレヨンで描かれたそうです。見ているだけで幸せな気持ちです。

ちょうど絵と同じ赤いコートを着た娘が兄と仲良く遊んでいた頃を懐かしく思い出しました。

 

« 京都の休日 | トップページ | 影絵紙芝居の会(札幌) »

」カテゴリの記事

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ