« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

2018年9月15日 (土)

赤い鳥

Kodomo_2

上野の国際子ども図書館の「『赤い鳥』創刊100年-誌面を彩った作品と作家たち」に行ってきました。
図書館の建物は外の賑わいとは違い、いつ来ても静かで落ち着く場所です。
特に階段の窓や手すりが好きです。
この日は初日で人も少なくゆっくり鑑賞できました。


201803poster_2

『赤い鳥』は1918年に鈴木三重吉が創刊した児童向け雑誌です。
当時活躍していた作家、画家、詩人、作曲家たちによって創られました。
内容は昔話、外国文学の再話、童謡、科学読物、児童劇など芸術性の高いもの、上質なものを子どもたちのために提供しました。
北原白秋、芥川龍之介、小川未明、坪田譲治、西條八十らの作品は今も親しまれているものばかりです。
名だたる芸術家たちが子どもたちのために協力して創作するなんてすばらしい活動です。


『赤い鳥』は装丁も字体もお洒落です。挿絵がどれも新鮮です。
特に気に入ったのは♪ことりのうたの挿絵で笛を吹く天使の愛らしい絵がステキでした。

鈴木三重吉という人は才能豊かでこだわりも強い方だったようです。
興味深い記事がありました。
玄関の玄と関の字が嫌いで上り口としたとのこと、字へのこだわりもすごい方です。

Akaitori_3

家に鈴木三重吉の本が2冊ありました。どちらも「湖水の女」ですが、表紙も挿絵もかなり違います。
中身は全く同じ、外国の再話でおとぎ話風です。
右は大正5年に春陽堂発行の復刻版、ちょっとドキッとする絵でこれをみたら恐がる子もいるかもしれないです。
左は古本屋さんで見つけたもので1982年第1刷発行と記されています。
絵もずっと子ども向けでかわいいです。


図書館を出る時、とても幸せな気分でした。
子どもたちに良いもの、本物を与えようと情熱を注いだ鈴木三重吉の思いはこれからもずっと受け継がれていってほしいものです。

2018年9月13日 (木)

地震

平成最後の夏は西日本の豪雨に大阪の地震や台風、そして北海道の地震と多くの自然災害が立て続けに起こり、あらためて自然の猛威を感じることとなりました。


Photo_4

北海道の地震から今日で一週間。
あの日はラジオ深夜便の緊急ニュースで飛び起き、朝になって身内や友人の安否確認ができました。

札幌は今まで大きな地震はなかったので本当に驚きました。
8月の帰省の折もタクシーの運転手さんが「札幌は災害が少ないんだよ。地震もなくてね。でも家は雪が多いから頑丈なんだ」と笑顔で話されていたのを思い出します。


札幌でひとり暮らしの友人から「不安な中、たくさんのメールがきて助かった。誰かと繋がっていると思うだけで心が落ち着きます。」と無事を知らせるメールが来ました。どんなにか恐怖だったことでしょう。

私のところにも義母のことを案じてメールや電話をいただきました。
広島の豪雨で被災した友人からも明け方メールが入っていました。
自分も大変な状況ですのに気にかけてくれる人たち。本当に有難いことです。
いつ何が起きてもおかしくない時が来ている…そういう時に人と繋がっていることの大切さを痛感します。

そしてこの夏の災害は他人事ではなく、関東に住む私たちも気を引き締めて行かなくてはと思います。
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


« 2018年8月 | トップページ

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ