« 布絵本 | トップページ

2018年4月 9日 (月)

春の絵本

日本橋のタロー書房の絵本コーナーにかわいい絵本が積まれていました。
石井睦美/文・布川愛子/絵の「はるのワンピースをつくりに」。
手に取ってパラパラとめくるとかわいくて色鮮やかなイラストに心ウキウキしてきました。

Honn1

うさぎのさきちゃんは仕立て屋のミコさんのところに春のワンピースを注文しに出かけます。
ミコさんはさきちゃんの気分を知らなくっちゃと次から次へと質問をします。春の花は?春の色って?春の音は?春になったら誰に合う?何をしたい?ポケットには何を入れる?等々…
そしてさきちゃんからの質問はえりはどうしよう?
このえりについてのミコさんの答えが楽しくて、さらさらもめんにつやつやシルク、さやえんどうの丸いまめが付いてたり、ミントの葉っぱやよつ葉のクローバーをつなげたり、クモの糸で編んだレースのえり…
本当にこんなえりがあったらいいなあ~イメージがどんどん膨らんでいきます。ボタンやかざりもさきちゃんの好みを聞くミコさん。

私の好きな場面、静かな夜、ミコさんはさきちゃんの言葉を思いかえし、野原をかけまわるさきちゃんを思い浮かべながらカタカタミシンを踏みます。静けさやミコさんの温かさがじ~んと伝わってきます。
最後にさきちゃんは出来上がったワンピースを着ておばあちゃんのところに春を届けに行きます。おばあちゃんもきっと喜ぶだろうなあ~

切り取って使えるさきちゃんの着せ替えも付いていました。子どもの頃に読んでいた「りぼん」の付録を思い出します。

Photo

この絵本を読んでいて、ふと目黒に住むデザイナーのYさんのことを思い出しました。
Yさんもいつも着る人の気持ちを考えて制作されます。

アトリエをのぞくと、奥でひたすらカタカタとミシンを踏まれています。おしゃべりも楽しい方で、時にはアトリエの前を偶然通りがかった若者の話を聞いてあげたりすることも。
Yさんが素晴らしいのは、相手の悩みを聞いた時点で自分のことになる…私も話を聞いてもらって元気になったことが何度かあります。

世界に一つしかないステキなお洋服を作るだけでなく、いつも人の気持ちを大事に考えてくれるYさん、この絵本のミコさんと重なります。

« 布絵本 | トップページ

絵本の紹介」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1891133/73227429

この記事へのトラックバック一覧です: 春の絵本:

« 布絵本 | トップページ

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ