« ミュージックドロップ | トップページ

2017年12月27日 (水)

おもちゃ映画ミュージアム

数日前のテレビ番組で先日行った京都の「おもちゃ映画ミュージアム」が放映されていました。友人宅から歩いてすぐのところにあります。

Omosiro
民家を改造した資料館のようで入口の看板がかわいいです。

光学玩具、幻灯機、世界各国の玩具映写機、どれも珍しいものばかり展示されています。

Omosiro6

Omosiro4

映画フイルムも900本もの映像を発掘復元されたそうです。

私が訪れた日は他にアニメの勉強をしているという学生さんと二人だけ。ミュージアムの方が岡本忠成作・人形アニメ「おこんじょうるり」という短編映画を見せてくださいました。
きつねのおこんと目の見えないイタコの婆様の心温まる物語。
婆様の声は長岡輝子さん、浄瑠璃を唄うのは曽我マミさん、アニメ-ションと一体となって流れる浄瑠璃の声は伸びやかで新鮮、今でも忘れることができません。
思いがけない感動作品でした。


館内には著名な漫画家の先生方の驚き版も展示されていました。
驚き版は19世紀にヨーロッパで発見されたアニメを見る装置でフェナキストスコープと呼ばれているもの。
そういえば私も昨年作ったのがありました。

Odorokibann
何をテーマに書くか迷いましたが、「ぽりまのいないいないばあ」にしてみました。
円盤の紙に10コマの絵を順にかいて絵を鏡に映します。円盤を回してコマの間にあるスリットから鏡の絵を見ると~絵が動いてまるでアニメーションをみているようです。
スマホで一コマずつ撮影して繋ぎ合わせると動画になる、自分で作るアニメーションということですね。


おもしろ映画ミュージアムではこれまで顧みられることがなかった映画に関する機器に焦点を当ててらっしゃるそうです。また、残存率の少ない無声映画など貴重な映像を文化遺産として後世に継承する活動もされています。
時間がいくらあっても足りないくらい楽しいミュージアムでした。
京都に行った際にはまたぜひ訪れたい場所です。

« ミュージックドロップ | トップページ

その他いろいろ」カテゴリの記事

フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ