« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

2017年12月

2017年12月27日 (水)

おもちゃ映画ミュージアム

数日前のテレビ番組で先日行った京都の「おもちゃ映画ミュージアム」が放映されていました。友人宅から歩いてすぐのところにあります。

Omosiro
民家を改造した資料館のようで入口の看板がかわいいです。

光学玩具、幻灯機、世界各国の玩具映写機、どれも珍しいものばかり展示されています。

Omosiro6

Omosiro4

映画フイルムも900本もの映像を発掘復元されたそうです。

私が訪れた日は他にアニメの勉強をしているという学生さんと二人だけ。ミュージアムの方が岡本忠成作・人形アニメ「おこんじょうるり」という短編映画を見せてくださいました。
きつねのおこんと目の見えないイタコの婆様の心温まる物語。
婆様の声は長岡輝子さん、浄瑠璃を唄うのは曽我マミさん、アニメ-ションと一体となって流れる浄瑠璃の声は伸びやかで新鮮、今でも忘れることができません。
思いがけない感動作品でした。


館内には著名な漫画家の先生方の驚き版も展示されていました。
驚き版は19世紀にヨーロッパで発見されたアニメを見る装置でフェナキストスコープと呼ばれているもの。
そういえば私も昨年作ったのがありました。

Odorokibann
何をテーマに書くか迷いましたが、「ぽりまのいないいないばあ」にしてみました。
円盤の紙に10コマの絵を順にかいて絵を鏡に映します。円盤を回してコマの間にあるスリットから鏡の絵を見ると~絵が動いてまるでアニメーションをみているようです。
スマホで一コマずつ撮影して繋ぎ合わせると動画になる、自分で作るアニメーションということですね。


おもしろ映画ミュージアムではこれまで顧みられることがなかった映画に関する機器に焦点を当ててらっしゃるそうです。また、残存率の少ない無声映画など貴重な映像を文化遺産として後世に継承する活動もされています。
時間がいくらあっても足りないくらい楽しいミュージアムでした。
京都に行った際にはまたぜひ訪れたい場所です。

2017年12月16日 (土)

ミュージックドロップ

今年の年末のミュージックドロップは笠間地域ケアプラザでさせていただきました。いつもより狭い会場でしたが、予定よりたくさん集まってくださいました。

オープニングはいつもの♪小さな世界です。
ごあいさつのあとは何だかかわいい音が聞こえてくるよ~
オルガニートのやさしい音色がお部屋に響きます。

Kasama
夏のワークショップでもお世話になった宮本先生がこの日のためにステキな曲を演奏してくださいました。クリスマスソングや子どもたちの大好きな曲ばかり。
ミニーちゃんがオルガニートを回してくれたり、トトロも登場、楽譜カードの上に乗って音楽とともに動き出し何だか微笑ましい姿です。小さな子たちも夢中でその様子を目で追っていました。

Kasama2
影絵紙芝居は「おかしな朗読会」。
小さな子どもたちはマットの前に来て美しい影絵を不思議そうに見つめています。少し大きくなった子たちは椅子席で鑑賞。
でもちょっと前はこの子たちも影絵の最前列に並んで観ていたなあ~なんだか懐かしいです。

Kasama1
次はバイオリンの長谷川先生とのアンサンブルです。
お話付きで♪くるみ割り人形の序曲、行進曲、トレパック、花のワルツを聴いていただきました。
次は薪のパチパチ燃える音から四季より「冬」、そして最後は大晦日に演奏されるのが定番の「こうもり」。テンポが動くので合わせが大変でしたが、バイオリンは迫力があり、とても楽しく大好きな曲になりました。このオペレッタ、いつかぜひ鑑賞したいなと思います。


宮本先生も長谷川先生もお客様のすぐそばに近づいて演奏してくださいました。ヨーロッパのレストランで見るような光景です。
子どもたちはちょっと驚いたようですが、この日の音色は刺激的できっと忘れられないことでしょう。

今回は、手が足りなくてバタバタしましたが無事終えることができました。初めての方も多く、来てくださったことに感謝です。
先生方、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ