« 2017年7月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年8月

2017年8月13日 (日)

えほんパーク

大阪に帰省の折、梅田の阪急で楽しいイベントが開かれていました。

Hannkyuu
9階の祝祭広場で開催されていた「えほんパーク」。
パステルカラーのちいさなおうち風のブースには年齢ごとのおススメの絵本が手に取れるようになっています。子どもだけでなく大人が楽しむ絵本のコーナーも用意されていました。

Hannkyu3
かわいいお部屋の中で読むこともできます。

Hannkyu2_2
4つの年齢別に絵本がセレクトされているそうです。
チラシには次のように書かれていました。

『こんな視点で年齢別にセレクトしました』

0~1歳…自然の音やバランスの良い色味、お母さんの声に反応する時期。美しいものを親子で楽しむことで、大切な感性が育つ絵本をセレクト。

2~3歳…絵本の登場人物に自分を同化させ、物語を通して安心感や満足感を味わいます。「あなたは大丈夫」と肯定してくれる絵本をセレクト。

4~5歳…不安感や劣等感が生まれる時期。勇気と知恵で乗り切る物語、美しい心が描かれた物語を読むと心が安定します。

6~7歳…まだ誰かに読んでもらう事が必要な時期。大切な親子の時間を彩る絵本をセレクト。喜びの体験が、自然と本に向かう習慣を育てます。

改めて絵本選びのヒントを教えていただけたように思います。

今回の絵本は京都東山二条の「きんだあらんど」という絵本屋さんが選ばれたとのこと。どんなお店だろう…翌日お店に行ってみることにしました。

Hannkyu4
Hannkyuu5
白木の棚に絵本や児童書、おもちゃがセンス良く並んでいます。
ここにもその時々に選ぶ絵本についてのメッセージが記されています。
上質で品がある雰囲気の中で手に取る絵本は、他で見るのとは違ったように思えます。
ずっとここで絵本を見ていたいな…とても落ち着く居心地の良い場所でした。

Kyouto

「ぶっくくらぶ通信」という小冊子のバックナンバーを数冊いただきました。表紙の絵がほのぼのしています。絵本や作者についての紹介、またその時々のコラムなど内容もとても充実しています。
この絵本屋さんでの配本は一人一人の状態に合わせたオーダーメイドによる選書をされるそうです。手間暇かかることですが利用される方たちは幸せですね。

もっと早くからこの絵本屋さんに出会いたかったなと思います。

2017年8月 3日 (木)

やさしいオルガニート♪

Oruganito

土曜日の午後の「オルガニートであそぼう!」はオルガニート愛好会の皆さんのご協力で心和むとても楽しい会となりました。

Oru_2

はじめにオルガニートの演奏の鑑賞。
クラシックから童謡や民謡など様々なジャンルの曲が流れます。やさしくて心地よい音色です。写真はこの日の講師の宮本さん。オルガニート初めての人にもわかりやすく指導してくださいました。

オルガニートに差し込むカードが楽譜の代わりですが、カードを反対に差し込んだら?裏返しで回したら?…一体何の曲になるでしょう?と楽しいクイズにみなさん真剣に取り組まれました。

Usagi_2

うさぎのぬいぐるみが登場してオルガニートを回します。
そのかわいい姿を見ようと小さな子たちは前に集まってきました。子どもたちのニコニコ笑顔も何とも言えずかわいいです。

Oru1
ワークショップでは好きな作業を選びます。
絵や字を書いてそれに合わせて穴をあけたり、好きな曲のカードを印通りパンチ、カノンコードに合わせて穴をあける…大人も子どもも夢中になってパチパチとパンチで穴あけしました。楽しくてやめられないといった感想も聞こえてきます。

そして自分で穴をあけたものを前で回す発表会。
どれも違っていてステキです。多くの拍手をいただきました。

Orijinaru

愛好会の方のハンドメイドの珍しいオルガニートも展示していただきました。中には大道芸のように肩にかけて歩きながら回すオルガニートも登場です。

上手下手はなく、みんな違って良くて、誰にでも楽しめるのがオルガニートです。
ケアプラザのお部屋がやさしい音色と温かな空気でいっぱいになりました。

手伝いに来てくれたママ友は「二時間ずっと笑顔でいられた」そうです。
オルガニート愛好会の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。また、参加してくださった皆さんもありがとうございました。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年11月 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ