« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月 8日 (土)

大宇陀

今年のお花見はちょっと遠出をしました。

奈良大宇陀の又兵衛桜。

古市の友人の家から始発電車で榛原駅で下車。そこから道の駅大宇陀行のバスに乗りました。
一つ手前の駅で降りるといいよと運転手さんから聞き、歩くこと20分。
のどかな田園風景の中に又兵衛桜が見えてきました。


Sa10_2
あと2、3日でちょうど見ごろを迎えるとのことでしたが、淡いピンクのしだれ桜と隣の桃の濃淡のグラデーションがとても美しく、菜の花とらっぱ水仙の黄色も鮮やかです。桜の周りは散策できますが、鑑賞するには駐車場側からのこの眺めが最高です。

又兵衛桜は樹齢300年の古木で大河ドラマ真田丸にも登場した後藤又兵衛ゆかりの地。又兵衛が大坂夏の陣の後、この地に移り住んだそうです。
毎年この桜を見に7万人もの観光客が訪れるとか。
早朝で混雑もなくゆったりと散策できたのは早起きしたおかげです。


大宇陀でもう一か所、訪ねてみたいところがありました。
道の駅のすぐ近くの松山地区。
ここは江戸時代の町並みが現存する保存地区で、戦国時代は秋山氏が城を築き、その後は商家町へと発展していきました。
静かな佇まいの道を散策していると、遠い昔にタイムスリップしたような気持ちになります。

その街道沿いに森野旧薬園があります。

Sa60


Sa30
何かの本で日本最古のガーデニングという記事を目にしたことがあり、ずっと気になっていたところです。森野吉野葛本舗の敷地にある薬草園で250種の薬草が育成されている文化財史跡です。

Sa80
山から見た吉野葛の製造所。「吉野晒し」と呼ばれる製造作業は厳しい寒さと豊富で清らかな地下水によって造られます。出来上がるまで3カ月かかるとか、吉野葛の美味しさはこうして手間暇かけて造られるからなんですね。


Sa40_2
結構起伏の激しい山道を登ったり下りたり…
ちょうど4月はカタクリの群生が見事でした。
こんなにたくさんのカタクリの花が見れるなんて…と、山歩きが趣味の友人は感激していました。山に行ってもなかなか見れないそうです。

Sa70
カタクリの花はうつむき加減のちょっと恥ずかしがり屋さん。淡い紫色のかわいい花です。
ここで見た薬草にうちの庭にあるネズミモチやヤツデもありました。どれも薬効があると知り驚きです。大切に育てなくては…

バスの時間があり、あまりゆっくりできず残念でした。
江戸時代からそれほど変わっていないそうですが、このお庭を維持していくのは並大抵ではできないことだと思います。
次回はもっと時間をかけて薬草観察や資料室の見学もしてみたいです。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ