« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

3月のイベント

♪ミュージックドロップ 春の絵本と音楽会    〈締め切りました〉 

1_2


寒さの中にも春の足音が聞こえてまいりました。
3月のイベントのご案内です。


日時:3月30日(木) 10:30~12:00

場所:笠間地域ケアプラザ多目的ホール(JR大船駅笠間口下車2分)

定員:親子10組程度

内容 ♪春の絵本の読み聞かせと紹介

    ♪春の歌やリズムあそび

    ♪影絵紙芝居:幸福の王子・ねずみのよめいり

参加費:親子一組300円 


お気軽にご参加ください。

☆終了後、布や糸など手芸材料をご用意しますのでお子さんと一緒に何か作ってみませんか?
作りたいものを選んでいただきます。どれも簡単にできるものばかり。
(例:くるみボタン、たまごシェーカー、星形編み機のブローチ、ティッシュペーパー入れ その他)

☆お部屋は2時まで使えますので、お昼を取りたい方はお持ちください。

お問い合わせ&お申し込みは

✉porima2008@gmail.com
おと工房ぽりま (まつうら)まで



Photo_2

2017年2月 5日 (日)

京都のお庭

新年を迎えたと思ったらもう2月。
先月末は大阪の友人のコンサートでしたが、その前に京都に滞在しました。
事前に申し込みをしていた迎賓館と仙洞御所、重森三玲庭園美術館を観覧しました。

京都迎賓館

海外からの賓客を心をこめてお迎えし、日本への理解と友好を深めることを目的に平成17年に開館した国の迎賓施設。
日本の美意識や伝統的技能に触れることができる贅沢な時間でした。

池には錦鯉たちが緩やかに泳いでいます。

Roukyou
建物にも館内の調度品にも日本の伝統技能が活用されています。

夕映えの間の両側の壁面は綴れ織の技法を用いて作られた織物だそうです。

Geihinnkann
愛宕山に沈む夕日を様を描いた「愛宕夕照」。

Geihinn
比叡山を月が照らす様を描いた「比叡月映」。



仙洞御所

Senntou1

御所には何度となく来ていますが、こちらの見学は初めて。
仙洞御所は皇位を退かれた天皇の御所で江戸時代寛永7年に完成。大火で茶室以外の建物は焼失したそうですが、広大な庭園を鑑賞することができます。
庭園の作庭には小堀遠州が関わったとのこと。起伏に富んでいてどの場所からも美しい眺めです。
四季折々楽しめるように設定されていて桜や藤の季節、紅葉の季節にもぜひ訪れたい庭園です。

Senntou

重森三玲庭園美術館

京都でカフェをやっている友人が、お店に来る外人のお客様からこの庭園までの道を聞かれたのですが、京都に住んでいても知らなかったそう。私も気になって調べました。
完全予約制で当日申し込みは無理かと思いましたが、あと2名OKとのことで滑り込みセーフで入れました。

重森三玲氏は日本画、生け花、茶道の研究をし、その後独学で作庭を学ばれたそうです。作庭家として知られる前には前衛生け花の創作研究のグループも主宰されていたとか。

風情のある木戸をくぐり抜け、庭園から書院に上がります。
室内は撮影禁止ですが書院から庭園の撮影は良いとのこと、石の力強さはすごいものがあります。
書院の照明は重森氏と交流のあったイサム・ノグチの作品とのこと。

Sige

お庭の奥のお茶室へ。

Sigemori
襖の波が斬新でモダンです。引き手は三玲氏のお名前のデザイン入り。

Sigemori1

お庭の石にも波のデザインが施されています。石のパワーもすごいし、何より苔に感激しました。手入れが行き届いていて見事です。
こんなに苔が美しいとは…今まで感じたことはありません。


御所に行く途中に立ち寄った岡崎神社と金戒光明寺。

岡崎神社はうさぎ神社とも呼ばれ、子授け安産祈願で訪れる方が多いそうです。その昔、この辺りはうさぎの生息地だったとか。

Usa

金戒光明寺は会津藩守護職本陣旧跡。もしかしたらご先祖様も関わっていたのかと思うと感慨深いです。

Kinn2

どちらも散歩の途中で偶然見つけました。
京都は歩くのが一番。いつも新鮮な出会いがあります。
次回、春に訪ねるのを楽しみにしたいと思います。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ