« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月22日 (土)

ぽけっとや

先日のミュージックドロップでは、素話を二作ご紹介しました。耳だけを頼りにどれくらい聴いてもらえるでしょうか?

一つはポーランドのニクレビチョバ作の「お月さまのお話」。となりどうしに住む二人のおばあさん、一人は気前の良いやさしいおばあさんでもう一人はけちんぼうのおばあさん。この二人がお月さまを2週間ごとに家に呼んで食事をふるまうお話。月の満ち欠けをユーモアに表現しているお話。
お月さまがやさしいおばあさんのお家に行く道は銀色の道。そして空に帰るときも~銀色の道を通って小舟に乗り、星の間をこぎながら空へのぼっていく…お月さまは真珠とダイアモンドをちりばめた銀の服を着ています~何だか想像するだけで夢心地です。

もう一つは林原玉枝さんの「森のお店屋さん」の中の「ぽけっとや」。
はりねずみが開いたお店です。木のはっぱをぽけっとに作りかえてくれます。はじめてのお客様、たぬきの親子が選んだみどりのはっぱを坊やのズボンにちくちくつけてくれます。この光景も想像するだけでワクワク楽しい作品です。

私もはりねずみの真似をしてぽけっとをこの日のお客様にプレゼントすることにしました。


Ha1


先がとがってると手が入れにくいかな、芯地がないとペラペラになるかな、ああでもないこうでもないと試行錯誤して作ったもの。ちょっといびつな形ではありますが、遊びで楽しんでもらえたらと思います。
参考にしたのはお話の中の葉っぱの絵です。はらだひでたけさんの絵はシンプルでおしゃれです。

Ha2
お話の進行係ははりねずみくん。
ぽけっとのプレゼントに写真のどんぐりたちもおまけに付けました。
どっしりしたどんぐりは警察学校横のどんぐりたち。ここのはでっかくて堂々としていてお気に入りです。

~あのぽけっとに、なにがはいるかな。楽しいこと、いっぱい、はいるといいな~

ミュージックドロップ

秋晴れの日曜日、ミュージックドロップをさせていただきました。

初めてのお客様もたくさん来てくださり楽しい時間を過ごすことができました。

はじめにわらべうたをご紹介。

♪お月さまえらいの

おつきさまえらいの かがみのようになったり くしのようになったり

はる なつ あき ふゆ にほんじゅうをてらす

大好きなわらべ歌です。

今日はお月様のお話や森のお店やさんのお話、絵本の読み聞かせでは「どうぞのいす」をご紹介しました。

Photo_3

「どうぞのいす」はこの季節にピッタリの絵本、図書館の大型絵本も貸出希望がいっぱいで無理かな思っていましたが、運よく前日に借りることができました。

今回の影絵紙芝居は「おかしな朗読会」。初めて観た方も多く、その美しさに感動されていました。
お話も影絵も会場がし~んとなるくらい静かな環境で読み手のほうが驚いてしまいました。

Ha3

後半はホルンのミニコンサート。
いつもイベントに来てくださるママ、Tさんの演奏です。
♪小さな世界からスタートして虹の彼方に、ミッキーマウスマーチ、ハバネラ、どんぐりころころ変奏曲、君をのせて、さんぽなど、歌や手拍子でも参加していただきました。

春から打ち合わせや練習もしてきましたが、ホルンはピアノのように簡単に音が出る楽器ではないので、子育てやお仕事しながらの練習は大変だったかと思います。ステキな演奏をありがとうございました。
一曲終わるたびに聞こえる観客の皆さんの拍手は嬉しいものです。ホルンの音色と同じ、皆さんの温かい拍手はTさんもとても嬉しく楽しく演奏できたとの感想でした。

Tさん、また来年合わせましょうね!お疲れ様でした。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ