« 冬の京都 | トップページ | はるのイベント »

2016年1月29日 (金)

新春シャンソンショー

今回の関西行きの目的はメルパルクホールOSAKAでの新春シャンソンショーの応援です。友人accoの新年のイベントです。

Uta_2
今年の紅組ゲストはなんと加藤登紀子さん!白組ゲストはワサブローさん!
紅組団長は吉本の末成由美さん、白組はあんこさん。総勢26名のプロのシャンソン歌手の皆さんが紅白に分かれてとっておきのを歌を披露するもの。私が行くのは2年ぶりです。

加藤登紀子さんの歌は「知床旅情」「百万本のバラ」「愛の讃歌」。さすが登紀子さんの歌声は深みと艶があり、ギターの弾き語りは実に心に響きます。関東にいてもなかなか聴きに行けないのに…ラッキーなことです。

ワサブローさんはフランスに30年在住で容姿もパリジャンみたくて魅力的。この方の「月の砂漠」もう最高でした。日本の叙情歌をまるでパリの街角で聴いている…そんな雰囲気です。京都出身の方だそうで琳派とコラボのコンサートなども興味深いです。

accoの歌はピアフの娼婦の歌。とてもドラマティックでまぶしいくらい輝いていました。レ・ミゼラブルのファンテーヌとも重なります。

コントもありお笑いあり、客席を巻き込んでとても楽しいコンサートでした。毎年、この新春シャンソンショーを楽しみにされている方も多いようです。すべてaccoの構成・演出ですが、こんな大がかりなイベントを取り仕切るなんてどれだけの労力を費やすことでしょう。
終わってからの電話でもう来年のことを考え始めてると聞きました。
今回は雪の予報も出ていたので、遠くから来る私の行き帰りの交通状況を心配してくれたり…いつもきめ細かい配慮をしてくれる人です。

それにしても関西のおばさまたちのパワーはすごいです。
今までより大阪が元気でイキイキしていると感じたのは私だけではないでしょう。
そう!きっと朝ドラの影響も大きいのではないかな。ということで、北浜の大阪証券取引所の五代友厚公の像を見学することにしました。

Godai_2

なにわ橋を渡れば生まれ育ったところ、証券取引所の前はよく通るのにだれの銅像か全く知りませんでした。また、五代様が大阪のために尽力されたこともドラマで知りました。大阪の繁栄に尽くされたことを見ていて私まで感謝の気持ちが湧いて何度も涙しました。この日も五代様のファンの方たち?が途切れることはなく訪れていました。銅像もとてもステキな美男子です。次回は、平日に証券取引所の中を見学してみたいです。

« 冬の京都 | トップページ | はるのイベント »

その他いろいろ」カテゴリの記事

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ