« 7月のイベント | トップページ | 絵封筒をつくろう »

2015年7月 4日 (土)

鎌倉さんぽ

梅雨の晴れ間、ママ友と鎌倉に出かけました。あじさいの見頃も過ぎたせいか江ノ電もそれほど混んでいません。

まずはじめに極楽寺のことり文庫へ。
                           

Morinoomiseyasann
今日見つけたのは「森のお店やさん」。
きつつき、はりねずみ、きつねやもぐら、ぎんめっきごみぐもたちが店主のお店やさん。ユーモアあふれるお話の数々は読んでて思わず顔がほころびます。作者の林原玉枝さん、やさしい方なんでしょうね。絵は「パシュラム先生」のはらだたけひで氏。どれも上品な色合いの絵がお話とピタッと合っていて、声を出して読んでみますと森の情景が目に浮かぶようです。

3tunonegai
岩波の子どもの本「みっつのねがいごと」。これはとてもなつかしい…若い頃、小さな劇団のお手伝いをしていたことがあります。その時の子ども向けの演目の一つ。台本は小山内薫の作品だった記憶があります。絵本で見るのは初めて。もとはフランスのペローの童話ですが、これはアメリカのマーゴット・ツェマックの作品です。
きこりの夫婦は助けた小おにから3つの願い事をかなえてもらうのですが、 1つ目の願いはなべいっぱいのソーセージ、2つ目はそのソーセージがきこりの鼻にくっついて、 3つ目は鼻からソーセージを離してもらう…おかしいようで笑えないストーリーですが、最後は二人で仲良くソーセージをたらふく食べるという結末にホッとします。
                                 

Guru

                                                                                                          Guru
お昼は和田塚のグルテンフリーRice Terrassかまくらの和ふたぬーんてぃ。秋田の米粉、お野菜をふんだんに使った三段のお重は芸術品。美味しいだけでなくお店の方がとても親切なので気持ちよくいただけます。
お庭が眺めれて江ノ電がすぐ横を通るので電車の好きな子どもたちは喜びそう…

すぐ近くにある木木さんにも寄ってみました。ここは手芸好きにはたまらないお店。珍しい糸やアンティークの布やボタン、時には日本の手工芸の展示会なども。この日は神戸のNitteさんの夏色手芸店・ドイツのヴィンテージのチロリアンテープや布を楽しみました。

最後は北欧ショップミンネで開催中のエイキンドラムの作品展へ。今回画像を撮れず残念でしたが、新作は布にレザーをハト目で止めた斬新なバッグ。どこか子ども時代を思い出してしまう懐かしい作品でした。来月は札幌資料館で展示会があるそうです。ものつくりの好きな北の国の人たち、きっとエイキンドラムの作品に目を輝かせることでしょう。

今回もゆったりのんびり楽しい鎌倉さんぽでした。

« 7月のイベント | トップページ | 絵封筒をつくろう »

その他いろいろ」カテゴリの記事

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ