« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月28日 (火)

イベントのお知らせ

今年で3回目となる「ヒロシマの記憶」のご案内です。

 ヒロシマの記憶

今年で終戦70年。当時中学生だった私の被爆体験を聴いてください。

【佐藤良生さん・妙子さんご夫妻のおはなし】

現在、神奈川で語り部の活動をされている佐藤良生さん。
中学3年生だった佐藤さんは爆心地から1.1㎞のご自宅で被爆。
その時の様子を子どもたちにもわかりやすくお話してくださいます。
また、妙子さんは女学生の目から見た戦時中の混乱や食糧事情について語って下さいます。


【影絵紙芝居の上演】

広島で被爆された大平数子さんの詩「母」に影絵作家・浜崎ゆう子さんが
平和の願いを込めて作られた美しい影絵です。(約6分)                  


Photo_3

日時:2015年8月12日(水) 10:00~11:30

場所:笠間地域ケアプラザ多目的ホール(JR大船駅笠間口下車2分)

対象:小学生以上30名(定員次第締め切り)

入場無料  お気軽にご参加ください。

お申し込みは笠間地域ケアプラザまでお電話か直接お越しください。

☎045-890-0800

共催:笠間地域ケアプラザ・おと工房ぽりま

2015年7月23日 (木)

絵封筒をつくろう

夏休みの初日、笠間地域ケアプラザにて「絵封筒をつくろう」のワークショップを開催しました。
栄区のふれあい助成金活動のひとつです。

Efuto1_2

Efuto4
まずはじめに講師のイラストレーター内尾夕子さんの作品を鑑賞。
すごい!かわいい!これイイね!いろんな声が聞こえてきます。
本当にこんなステキなのが作れるでしょうか?

次に内尾さんから絵封筒についてのお話、作る時のアイデアやルールを教えていただきました。

E8

包装紙や雑誌の切り抜き、レースペーパーなど紙ものを切って貼ったり、色鉛筆や絵の具で塗ったり、切手の絵柄を利用して絵の一部にしたり…材料も楽しみ方も色々です。
小さな子は迷わず自由に好きな絵を描き始め、切手コーナーでは選ぶのも真剣です。お魚の好きな男の子は切手もお魚柄。
だれに出すのかな?おじいちゃんやおばあちゃん、それにおとうさん…大人の皆さんはお友だちにでしょうか?


♥お茶の先生をしているおばあちゃんに和風の素材の絵封筒を…

E5

♥ご主人のご両親へ夏の便りを…

E6

♥内尾さんの切手の花束。ステキです。

E5_2

♥私が参考にした白鳥の5円切手のデザイン。
2列の間に色とりどりのハートを並べてそこに宛先を書きました。
湖のほとりに住む方に…

E6_2

♥5年生の女の子の作品。縞目の紙を波に見立てたオシャレで夏らしい作品ですね。


E7_4

相手を想い心をこめて作るのは本当に楽しい作業でした。皆さんの表情も笑顔がいっぱいです。
きっと送られた人にもその想いが届くことでしょう。

絵封筒はイギリスのデービット・マッキーら絵本作家から始まった手紙遊びだそうです。大手町ていぱーくでのefuto展ではじめてその存在を知りました。
なんて楽しいものだろう…今回、その絵封筒を地域の皆さんに体験していただくことができてとてもうれしく思います。
熱心に指導して下さった内尾さん、参加して下さった皆様、ありがとうございました。

2015年7月 4日 (土)

鎌倉さんぽ

梅雨の晴れ間、ママ友と鎌倉に出かけました。あじさいの見頃も過ぎたせいか江ノ電もそれほど混んでいません。

まずはじめに極楽寺のことり文庫へ。
                           

Morinoomiseyasann
今日見つけたのは「森のお店やさん」。
きつつき、はりねずみ、きつねやもぐら、ぎんめっきごみぐもたちが店主のお店やさん。ユーモアあふれるお話の数々は読んでて思わず顔がほころびます。作者の林原玉枝さん、やさしい方なんでしょうね。絵は「パシュラム先生」のはらだたけひで氏。どれも上品な色合いの絵がお話とピタッと合っていて、声を出して読んでみますと森の情景が目に浮かぶようです。

3tunonegai
岩波の子どもの本「みっつのねがいごと」。これはとてもなつかしい…若い頃、小さな劇団のお手伝いをしていたことがあります。その時の子ども向けの演目の一つ。台本は小山内薫の作品だった記憶があります。絵本で見るのは初めて。もとはフランスのペローの童話ですが、これはアメリカのマーゴット・ツェマックの作品です。
きこりの夫婦は助けた小おにから3つの願い事をかなえてもらうのですが、 1つ目の願いはなべいっぱいのソーセージ、2つ目はそのソーセージがきこりの鼻にくっついて、 3つ目は鼻からソーセージを離してもらう…おかしいようで笑えないストーリーですが、最後は二人で仲良くソーセージをたらふく食べるという結末にホッとします。
                                 

Guru

                                                                                                          Guru
お昼は和田塚のグルテンフリーRice Terrassかまくらの和ふたぬーんてぃ。秋田の米粉、お野菜をふんだんに使った三段のお重は芸術品。美味しいだけでなくお店の方がとても親切なので気持ちよくいただけます。
お庭が眺めれて江ノ電がすぐ横を通るので電車の好きな子どもたちは喜びそう…

すぐ近くにある木木さんにも寄ってみました。ここは手芸好きにはたまらないお店。珍しい糸やアンティークの布やボタン、時には日本の手工芸の展示会なども。この日は神戸のNitteさんの夏色手芸店・ドイツのヴィンテージのチロリアンテープや布を楽しみました。

最後は北欧ショップミンネで開催中のエイキンドラムの作品展へ。今回画像を撮れず残念でしたが、新作は布にレザーをハト目で止めた斬新なバッグ。どこか子ども時代を思い出してしまう懐かしい作品でした。来月は札幌資料館で展示会があるそうです。ものつくりの好きな北の国の人たち、きっとエイキンドラムの作品に目を輝かせることでしょう。

今回もゆったりのんびり楽しい鎌倉さんぽでした。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ