« 心地よい眠り | トップページ | 梅しごと »

2014年6月 6日 (金)

舶来の髪どめ

「これ、おばあちゃんにもらったの」
4才の生徒が自慢げに見せてくれました。真ん中のピンです。
「うわ―!私も持っていたよ~」

間違いなくソニープラザのピンです。私は髪どめと呼んでいました。これは高校時代によくつけていたもの。早速ソニープラザに寄ってみると…ありました。
きっと型番があるのでしょう、プラスチックの量が薄くなってますが、昔と同じです。左右付けれるようにペアになっています。

Pin2_2
私の髪どめへの憧れは小学生の時から始まります。
関西は舶来雑貨のお店が多かったのですが、一番の思い出はなんといっても梅田の阪神百貨店の中にあった個人のお店。ここで毎週、習い事の帰りに一つ髪どめを買ってもらうのが楽しみでした。この髪どめのために習い事に行っていたのかもしれません。ここの雑貨はヨーロッパのものが多く、どれも上品でおしゃれで子供心に異国を感じる場所でした。

神戸にはミッチャン、大阪はサッチャン、京都はヨッチャンという、まるで三姉妹の名のような舶来雑貨のお店がありました。大阪はハヤシやフクハラも忘れられません。どのお店も今もあるのでしょうか…

特にミッチャンはこどものころから通いました。髪どめの台をグルグル回してほしいものを探します。「さわらんといて~」よく注意されました。とにかくお客さんが緊張するお店。でも髪どめはここほど品ぞろえが豊富なお店はなくて、めげずに通ったものです。
震災後、お店が見当たらなかったのですが移動したのでしょうか?
ここの髪どめの台の雰囲気を味わうなら自由が丘駅前デパート1階の髪どめやさんがおススメです。

Pin3
家に残っている髪どめを出してみました。小さいときのものは無くしたり娘が使ったり、人にあげたりであまり残っていません。
テントウムシのはミッチャンで買った記憶があります。こどもなりにアメリカ製はあまり好きでなくてドイツ、フランスのが好きというこだわりがありました。
その日に着ていく服の色に合わせて、どれにしようかなあと選ぶのに迷っていたのも楽しい思い出。もっと大切に残しておけばよかったです。
私もおばあちゃんになったら孫にプレゼントしようっと!

« 心地よい眠り | トップページ | 梅しごと »

その他いろいろ」カテゴリの記事

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ