« 花活けのココロ | トップページ | 舶来の髪どめ »

2014年5月29日 (木)

心地よい眠り

トロントのスーパーで見つけたセレッシャルのスリ-ピータイム。

ノンカフェインでこどもでも安心して飲むことが出来る紅茶です。オーガニックのカモミールやミントなどのハーブの味がやさしくてこれを飲んだらぐっすり眠れそう。日本でもカルディで発見!

Ny8_4
くまさんの絵が気に入りました。暖炉のそばで椅子に寄りかかり、おいしいお茶を楽しんだ後、目を閉じたらもう夢の中。ラジオからはどんな音楽が流れているのでしょうか…

Pe_2
心地よい眠りをさそうおまじないの言葉。

♪ルルルラブラ ルーラブラ~

「ペネロペ こわいゆめをやっつける」
こわい夢を見て目を覚ましたペネロペに、パパがまほうのきんのこながついている本を見せてくれます。パパは本をなでてまほうのこなを指に取り、ペネロペのおはな、おでこ、まぶたにそっとつけてくれました。

♪ルルルラブラ ルーラブラ~

眠りについたペネロペはこわい夢ではなく、楽しくてステキな夢をいっぱい見ることが出来ました。不思議ですね。まほうのこなはわるい夢をやっつけるこなだったのです。

本の表紙にもビニールの下にまほうのこなをイメージさせるラメがほどこされています。
こんなステキなおまじないがあればどんな子も安心して眠ることが出来るはず。

Rati2
その昔、娯楽の少なかったハンガリーでは一家に一台、幻燈機があったとか。夜になるとお母さんがこどものために部屋の壁に幻燈機の明かりを当ててお話を聴かせてあげたそうです。これを聞いたとき、ドキドキしてしまいました。そしてご縁があって2008年、この幻燈会を上演する機会を得ることが出来ました。チャルカさんのおかげです。

上の絵はハンガリーを代表する絵本作家マレーク・ベロニカさんの「ラチとらいおん」。弱虫のラチがともだちのライオンのおかげで勇気のある男の子になっていくお話。

Rati3
こちらは同じくマレークさんの「もしゃもしゃちゃん」
仲間外れになった女の子がハリネズミたちのおかげでお友だちと仲良くなっていくお話。このお話に出てくるやさしいハリネズミのミシュリ、この作品でハリネズミが大好きになりました。

フィルムを一コマずつキュッキュッという音とともに幻燈機を回しながら楽しみます。絵本とはまた違う色合いがたまらなくステキ。深いグリーンやエンジはハンガリーならではの色のように思います。

お母さんのやさしい語りでゆめのような幻燈を楽しんだこどもたち、あっという間に心地よい眠りについたことでしょう。

« 花活けのココロ | トップページ | 舶来の髪どめ »

その他いろいろ」カテゴリの記事

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ