2018年4月 9日 (月)

春の絵本

日本橋のタロー書房の絵本コーナーにかわいい絵本が積まれていました。
石井睦美/文・布川愛子/絵の「はるのワンピースをつくりに」。
手に取ってパラパラとめくるとかわいくて色鮮やかなイラストに心ウキウキしてきました。

Honn1

うさぎのさきちゃんは仕立て屋のミコさんのところに春のワンピースを注文しに出かけます。
ミコさんはさきちゃんの気分を知らなくっちゃと次から次へと質問をします。春の花は?春の色って?春の音は?春になったら誰に合う?何をしたい?ポケットには何を入れる?等々…
そしてさきちゃんからの質問はえりはどうしよう?
このえりについてのミコさんの答えが楽しくて、さらさらもめんにつやつやシルク、さやえんどうの丸いまめが付いてたり、ミントの葉っぱやよつ葉のクローバーをつなげたり、クモの糸で編んだレースのえり…
本当にこんなえりがあったらいいなあ~イメージがどんどん膨らんでいきます。ボタンやかざりもさきちゃんの好みを聞くミコさん。

私の好きな場面、静かな夜、ミコさんはさきちゃんの言葉を思いかえし、野原をかけまわるさきちゃんを思い浮かべながらカタカタミシンを踏みます。静けさやミコさんの温かさがじ~んと伝わってきます。
最後にさきちゃんは出来上がったワンピースを着ておばあちゃんのところに春を届けに行きます。おばあちゃんもきっと喜ぶだろうなあ~

切り取って使えるさきちゃんの着せ替えも付いていました。子どもの頃に読んでいた「りぼん」の付録を思い出します。

Photo

この絵本を読んでいて、ふと目黒に住むデザイナーのYさんのことを思い出しました。
Yさんもいつも着る人の気持ちを考えて制作されます。

アトリエをのぞくと、奥でひたすらカタカタとミシンを踏まれています。おしゃべりも楽しい方で、時にはアトリエの前を偶然通りがかった若者の話を聞いてあげたりすることも。
Yさんが素晴らしいのは、相手の悩みを聞いた時点で自分のことになる…私も話を聞いてもらって元気になったことが何度かあります。

世界に一つしかないステキなお洋服を作るだけでなく、いつも人の気持ちを大事に考えてくれるYさん、この絵本のミコさんと重なります。

2018年4月 2日 (月)

布絵本

笠間のイベントの翌日から札幌に帰りました。

着いた日の新聞に興味深い記事を見つけました。
「ふきのとう子ども図書館 手作り布絵本」。

Sinnbunn

ふきのとう文庫の布絵本の紹介です。何年か前に札幌の小冊子でこちらの活動を知りました。
1970年に小林静江さんがご自宅で身体障害児専用の子ども文庫を開いたのが始まりだそうです。
以前は平和というところでしたが、4年前に桑園に移転されたとのこと。
早速義母の病院の帰りに寄ってみることにしました。

Fukinotou_2

お天気だけど凍てつくように寒い日、ペタンコの靴で出かけた私は足がピリリと痛いくらい冷えてしまいましたが、子ども図書館のドアを開けた途端、お部屋のぽかぽか温かさで救われた思いでした。

木のぬくもりのある建物は日当たりもよく本の種類も豊富で、かわいい手作り品もあらゆるところに展示されています。春休みに入ったので親子連れもたくさん来ています。

布絵本コーナーは一番奥にありました。
主にフェルト素材で、触る、引っ張る、ホックをはめる、マジックテープを外すなど小さな子たちも楽しめる仕掛けもいっぱい詰め込まれています。形も大小、丸い四角いといろいろです。
どれも全てオリジナル。丁寧に手作りされていて色合いやデザインがおしゃれです。布絵本は100種、680冊もあるそうです。

雰囲気は昭和のなつかしい匂い、それでいて新鮮です。
布絵本の貸し出しもされているとのこと。
きっと手芸好きな義母が喜びそう~と「まる」「おはなしえほん」の2冊お借りしました。
「まる」は新聞にも載っていたものでスイカや時計など丸いものについてる仕掛けで変化を楽しみます。「おはなしえほん」は世界のむかしばなしの一場面が一枚の布に表現されています。


病院に持っていくと義母はベッドの上で動く方の左手で布絵本を何度もめくっては閉じるの繰り返し、手の力がないのでマジックテープを取るのが精いっぱいですが、それでも何回もチャレンジしてます。おはなし絵本の天竺木綿の裏布を持ち上げて「これ、どうやって作ってるのかしら~」と義母の声が聞こえてきそうです。どちらも義母にとっては子育て時代を懐かしいんでいるように感じれました。


ふきのとう文庫ではたくさんのボランティアの方たちがいろいろな制作に携わっていらっしゃるそうで布絵本以外にも視覚障害児のために拡大写本を作られています。
普通の本を読みやすいように大形に作り替えたもの、拡大コピーではなく文字をすべて打ち直しレイアウトも変えるそうです。
視野の狭いお子さんのために縦書きのものは横書きに、色もカラーコピーではなく色抜きでコピーしてあとから色鉛筆で色を塗るという手間暇かけた作業をされています。

手作り品の販売もあり、とてもかわいいアルファベットのカードがありました。一枚のアルファベットの裏にその頭文字の絵がアップリケされています。たとえばAはアップル。
布絵本同様、一針一針手の込んだ手作りでかわいいです。義母にも手に持ってもらって楽しんでもらいました。フェルトのカードは眺めたりめくったりするだけで私もちょっと幸せな気分です。

Fukinotou_4

札幌にこんなステキな活動をされているところがあることを知ったのも嬉しいです。布絵本は子どもだけでなく大人も楽しめる…
全国に貸し出しもしてくださるそうなのでいつか地域の皆さんにもご紹介したいです。


2018年3月30日 (金)

チターの音色

Photo_6

今年度最後のミュージックドロップでは、出産を終えて久々に来てくださった方たちもいて、何だか懐かしい気持ちで楽しめました。

はじまりは春の歌♪ちゅーりっぷ♪たんぽぽのてあそびうた♪おはながわらった♪河は呼んでるなど、お一人で参加してくださった方たちにも子ども時代に戻って一緒に歌っていただきました。



Photo_3絵本はいわむらかずお作「ふうとはなとたんぽぽ」をご紹介しました。
野原に遊びに出かけたうさぎのふうとはなはかわいいきいろのたんぽぽを見つけます。きいろいたんぽぽがすきというてんとうむし、たんぽぽのあまいみつがすきというべにしじみ、かふんがすきというみつばちがやってきて♪たんぽぽ ぽぽぽ ぽ ぽ ぽ~と歌います。

はなはあたらしいいのちをうむ、かぜはいのちをはこぶ。ふうとはなの名前にもつながっています。
お母さんが言います。「ふうはげんきなかぜのこと、はなはきれいなはなのこと、あたらしいいのちをうみ、そだてるの」
スケッチのようなシンプルな絵で、たんぽぽや虫たちが生き生きと描かれています。綿毛が飛んでいくようにふわっと気持ちが軽くなっていきます。

今回の影絵紙芝居「幸福の王子」のBGMはチターという弦楽器。
とても美しくて上品な音色は影絵紙芝居にピッタリです。
奏者のさのさんがこの日のためにストーリーに合わせてステキなBGMを作ってくださいました。曲も素晴らしく、影絵ととても相性が良い音色で、語りながら思わず聴き入ってしまいそうになりました。

チターはチロル地方の弦楽器で30本以上の伴奏用の弦と5、6本の旋律用の弦が張られていてプレクトラムという爪を親指に付けて演奏されます。
この日はBGMだけでなくルネッサンス時代の小品や日本の曲、荒城の月やこの道、また寅さんのテーマ曲も演奏してくださいました。
こちらはチターで演奏されると全く違う曲に聴こえます。
最後はチターと言えばアントン・カラスの「第三の男」。
ほとんどの方がチターを見るのも聴くのも初めてですが、特にこの曲は興味深く鑑賞されました。
その珍しい楽器を見たくておしまいにはチターの周りに集まります。
終了後は弦に触れる貴重な体験をさせていただきました。

Tita1_3
ポロンポロンと子どもたちのはじく音はやさしい音色。
この魅力的な音色、もっと多くの方にご紹介したいです。
さのさん、参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

2018年2月22日 (木)

3月のミュージックドロップ

もうすぐ3月、春の足音が聞こえてきました。

年度末のイベントのご案内です。


Sumire_5
Vol.42 ミュージックドロップ~チターの音色とともに

日時:2018年3月18日(日)11:00~12:00

場所:笠間地域ケアプラザ多目的ホール(JR大船駅笠間口下車2分)

対象:どなたでもご参加いただけます。

参加費:大人300円 子ども無料  事前申込

定員:20名程度


内容:♪春の絵本や音楽のご紹介

        ♪影絵紙芝居 〈幸福の王子〉チターの演奏付き

    ♪チターの演奏

チターはオーストリア地方の弦楽器で、その音色は一度聴いたら忘れられない美しくやさしい音色です。
♪第三の男という曲で奏でられる楽器として知られています。


昨年影絵を上演させていただいたオープンスペースでこの楽器と奏者のさのさんと出会いました。
今回はさのさんをお招きしてチターという楽器についてご紹介いただきます。
影絵紙芝居にステキなBGMをつけていただいたり、ルネッサンス時代の小品や日本の歌メドレーなどを演奏していただきます。
なかなか普段触れることのない楽器です。
どなたでも来ていただけますのでお気軽にご参加ください。

Hana_4
♪お問い合わせ&お申込みは

✉porima2008@hotmail.com


この事業は栄区社会福祉協議会ふれあい助成金の交付金事業です。

2017年12月27日 (水)

おもちゃ映画ミュージアム

数日前のテレビ番組で先日行った京都の「おもちゃ映画ミュージアム」が放映されていました。友人宅から歩いてすぐのところにあります。

Omosiro
民家を改造した資料館のようで入口の看板がかわいいです。

光学玩具、幻灯機、世界各国の玩具映写機、どれも珍しいものばかり展示されています。

Omosiro6

Omosiro4

映画フイルムも900本もの映像を発掘復元されたそうです。

私が訪れた日は他にアニメの勉強をしているという学生さんと二人だけ。ミュージアムの方が岡本忠成作・人形アニメ「おこんじょうるり」という短編映画を見せてくださいました。
きつねのおこんと目の見えないイタコの婆様の心温まる物語。
婆様の声は長岡輝子さん、浄瑠璃を唄うのは曽我マミさん、アニメ-ションと一体となって流れる浄瑠璃の声は伸びやかで新鮮、今でも忘れることができません。
思いがけない感動作品でした。


館内には著名な漫画家の先生方の驚き版も展示されていました。
驚き版は19世紀にヨーロッパで発見されたアニメを見る装置でフェナキストスコープと呼ばれているもの。
そういえば私も昨年作ったのがありました。

Odorokibann
何をテーマに書くか迷いましたが、「ぽりまのいないいないばあ」にしてみました。
円盤の紙に10コマの絵を順にかいて絵を鏡に映します。円盤を回してコマの間にあるスリットから鏡の絵を見ると~絵が動いてまるでアニメーションをみているようです。
スマホで一コマずつ撮影して繋ぎ合わせると動画になる、自分で作るアニメーションということですね。


おもしろ映画ミュージアムではこれまで顧みられることがなかった映画に関する機器に焦点を当ててらっしゃるそうです。また、残存率の少ない無声映画など貴重な映像を文化遺産として後世に継承する活動もされています。
時間がいくらあっても足りないくらい楽しいミュージアムでした。
京都に行った際にはまたぜひ訪れたい場所です。

2017年12月16日 (土)

ミュージックドロップ

今年の年末のミュージックドロップは笠間地域ケアプラザでさせていただきました。いつもより狭い会場でしたが、予定よりたくさん集まってくださいました。

オープニングはいつもの♪小さな世界です。
ごあいさつのあとは何だかかわいい音が聞こえてくるよ~
オルガニートのやさしい音色がお部屋に響きます。

Kasama
夏のワークショップでもお世話になった宮本先生がこの日のためにステキな曲を演奏してくださいました。クリスマスソングや子どもたちの大好きな曲ばかり。
ミニーちゃんがオルガニートを回してくれたり、トトロも登場、楽譜カードの上に乗って音楽とともに動き出し何だか微笑ましい姿です。小さな子たちも夢中でその様子を目で追っていました。

Kasama2
影絵紙芝居は「おかしな朗読会」。
小さな子どもたちはマットの前に来て美しい影絵を不思議そうに見つめています。少し大きくなった子たちは椅子席で鑑賞。
でもちょっと前はこの子たちも影絵の最前列に並んで観ていたなあ~なんだか懐かしいです。

Kasama1
次はバイオリンの長谷川先生とのアンサンブルです。
お話付きで♪くるみ割り人形の序曲、行進曲、トレパック、花のワルツを聴いていただきました。
次は薪のパチパチ燃える音から四季より「冬」、そして最後は大晦日に演奏されるのが定番の「こうもり」。テンポが動くので合わせが大変でしたが、バイオリンは迫力があり、とても楽しく大好きな曲になりました。このオペレッタ、いつかぜひ鑑賞したいなと思います。


宮本先生も長谷川先生もお客様のすぐそばに近づいて演奏してくださいました。ヨーロッパのレストランで見るような光景です。
子どもたちはちょっと驚いたようですが、この日の音色は刺激的できっと忘れられないことでしょう。

今回は、手が足りなくてバタバタしましたが無事終えることができました。初めての方も多く、来てくださったことに感謝です。
先生方、参加してくださった皆様、ありがとうございました。

2017年11月26日 (日)

12月のミュージックドロップ

Kuri2
あっという間に年末のイベントのお知らせの時期となりました

vol.41ミュージックドロップ    〈締め切りました〉

日時:2017年12月10日(日)11:00~12:00

場所:笠間地域ケアプラザ多目的ホール(JR大船駅笠間口下車2分ルリエ大船3階)

参加費:大人300円 子ども無料 小さなプレゼント付き

事前申込制  

内容

xmas冬の歌や絵本の読み聞かせ 絵本展示

xmas影絵紙芝居 「おかしな朗読会」生演奏付き

ピノキオやオズの魔法使いなど世界の物語10場面を美しい影絵でご紹介します

xmasオルガニートの演奏 クリスマスの曲をお楽しみください
やさしい音色が心に響きます

xmasバイオリンのミニコンサート

曲目:くるみ割り人形(お話付き)・こうもり・四季より冬・クリスマスソングその他


♪絵本や影絵と音楽の楽しい時間です どうぞお越しください 

チラシはこちらから

「1012.docx」をダウンロード





☆この事業は栄区社会福祉協議会さかえふれあい助成金交付事業です   


お問い合わせ&お申し込みは電話かメールで



✉porima2008@gmail.com

プラハ

旅の最後はプラハ。これまでの町とは雰囲気が違い少し色合いが濃くなったように感じます。
プラハ城、聖ヴィート大聖堂を見学してカレル橋を渡り旧市街へ。

Kimg0400
カレル橋からの眺め

Kimg0410_2
旧市街の広場 観光客でいっぱいです。

Kimg0416
市民会館はアールヌーボーの美しい建物です。
一階のカフェの内部の装飾もとてもステキでした。

Kimg0414_6
モグラのクルテクは想像以上にチェコの人気者です。

Ninngyou
おもちゃ屋さんで見つけたマグネットシアター。老舗おもちゃメーカーデトア社のものです。
クルテクやシンデレラ、白雪姫などもありましたが、私は赤ずきんにしました。どれもお顔がかわいいです。
5つの木のお人形に磁石が着いていて同じく磁石の付いた2本のステイックを下から動かす人形劇。クルッと回すこともできます。背景は森の中とこのお部屋の二場面が楽しめます。







2017年11月23日 (木)

チェスキー・クルムロフ

ザルツブルクから南ボヘミアの小さな城下町、チェスキー・クルムロフへ。
この町は1992年に世界遺産に登録されたそうです。
旧市街はヴルタヴァ川にぐるりと囲まれています。

Tyue6
お城からの眺め、中世の美しい街並みです。どこを歩いてもおとぎ話の世界のようです。

Tyesuki2

城壁は立体感あるだまし絵と呼ばれる描き方でまるで3Dのようでした。


夕方、町を散策していて見つけたかわいいクッキーやさん。
袋の右下にハリネズミを見つけました。

023
日が暮れたホテルの前の道。
灯りが燈り、石畳を歩く音が響き幻想的でした。

Tye1

ザルツブルク

ザルツブルクへ。
子どもの頃に観たサウンド・オブ・ミュージックの影響でずっと憧れの町でした。

マリアや子どもたちがドレミの歌を歌ったミラベル庭園。
映画の場面が思い出されます。

Kimg0232


Kimg0249_1_4

ザルツブルクはモーツァルトの生誕地。
上の写真左はモーツァルトが7年住んだ住居で今は記念館。道をはさんで右側の家は物理学者ドップラー生誕の家だそうです。

Zaru4
ドナウ川の支流、ザルツァッハ川からホーエンザルツブルク城が見えます。

Zaru5
旧市街のゲトライデ通りにはかわいい看板が並びます。
昔、ドイツでもこういう看板の写真ばかりを撮ったものです。この日は休日で人通りは少なくひっそりとしていました。



Mo

モーツァルト生誕の家、この建物の4階で生まれたそうです。今は2回以上が博物館になっていて肖像画、自筆の楽譜や使用された楽器が展示されていました。

Za_3
ザルツブルクで人気のカフェ・フュルストでかわいいものを見つけました。木のねずみとリボン付きの小さなパッケージに球形のチョコが二個入っています。
右がこのお店が元祖のモーツァルトクーゲルン、ピスタチオのマジパン入りチョコ、左はバッハキューブ、ナッツが入って三層になっています。
濃厚でおいしいチョコ。ねずみも同じくとても丁寧に作られていてザルツブルクで一番のおみやげになりました。

«ブラスチラバとウィーン

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ