2021年2月26日 (金)

影絵ワークショップのお知らせ

 

               2                         


新しい年を迎えたと思ったら2月もあと数日、年々、月日の流れの早さを感じます。
昨年の今頃、3月に予定していた音楽イベントを中止したことを思い出します。
あれから一年、新型コロナ感染により予期せぬことが次々起こりましたが、なんとか元気でいることは有難いことです。

さて年度末事業は影絵ワークショップを行うことにいたしました。
12月のイベントと同様、人数制限してコロナ感染予防に気を付けます。

日時:2021年3月28日(日)13:00~15:30

場所:笠間地域ケアプラザ多目的ホール JR大船駅笠間口下車2分 

定員:10名  事前申し込みをお願いします。

対象:どなたでも  小学生は一人参加OK

参加費:一作品300円

持ち物:はさみ・カッター・スティックのり・筆記用具

講師は影絵作家の浜崎ゆう子さんです。

黒の特注ダンボール製フレーム(20×32㎝)にトレーシングペーパーを貼り、黒画用紙に描いた絵をカットしてのせます。
裏からポリカラーや和紙、薄紙など色々な素材を重ね、光を当てて浮かび上がる影絵を楽しみます。
テーマは自由でご自分の作りたいものを作れます。最後は作品発表会!
世界に一つしかないステキな作品を作ってみませんか?
今まで参加された方の作品は浜崎さんの影絵プラネットのワークショップでご覧になれます。

https://kageepla.net


                    210setu2

上の作品は7年前、札幌の義母が88歳の時に作った影絵フレームです。 
これはお家ワークショップの番外編。
モチーフは義母が飼っていたネコの太郎と花子です。お菓子の空き箱を利用して作りました。
細かい葉っぱは私も手伝いましたが、器用な手でせっせとカットしていました。
誰にでもできる楽しい作業です。

☆当日は新型コロナ感染防止の為、検温していただき、マスク着用、上履き持参でお越しください。

お問い合わせ&お申込みは       定員になりましたので締め切りました。
☎080-3478-2532(マツウラ)    ✉2008porima@gmail.com

☆この事業は栄区社会福祉協議会さかえふれあい助成金事業です。

 

 

2020年12月25日 (金)

Xmasのうたの絵本

                   5pari

今年最初で最後のイベントを無事終えました。

絵本の読み聞かせと影絵紙芝居「幸福の王子」の上演、後半はオルガニートのミニコンサート。
久々のイベントはコロナ禍での開催で気を遣うことも多かったのですが、皆さんのご協力で楽しい時間を過ごすことができました。

今回の絵本はどちらもクリスマスの歌の絵本です。
初めに「クリスマスのうたの絵本」

作者は世界のこどもたちに愛されている「おさるのジョージ」のH.A.レイです。
とにかく絵が楽しくてユーモアにあふれています。
良く知られているクリスマスの歌10曲には伴奏譜もついています。

特に面白いのはどの絵にも五線紙にそれぞれの絵に合わせた音符が描かれているところ。
音符はグラスや家、ひつじやラクダそして天使も音符に変身です。
音符の長さに合わせて絵も違うなんてこだわりもすごいのです。
          
          Rei1


この曲は♪ひいらぎかざろう 

ト音記号はヒイラギのリース、音符は葉っぱです。
作者は広告関係の仕事もされていたそうで、どの絵もおしゃれです。

          009


最後の曲は誰もがよく知っている♪きよしこの夜
こちらも音符は☆お星さま 
どの曲にもクリスマスのオーナメントやサンタさん、キリスト生誕にまつわる人々が表情豊かに描かれています。

          011


上の絵本は何年か前に図書館で見つけました。
どうしても手元に置きたくていろいろ探しました。
そして愛知の小さな絵本屋さんのサイトでやっと見つけることができました。
ずっと見ていても飽きない大切な一冊です。
 

           Seya5


2冊目は「しずかなよる」女子パウロ会発行の絵本です。

♪世界中で親しまれている♪きよしこの夜
この曲がどうして生まれたか…
1818年、オーストリアのオーベンドルフ村で起こった出来事が絵本に描かれています。
絵はマヤ・ドゥシコウワ 心が清らかになるようなとても美しい絵です。
 詩はモーゼフ・モール神父。
  
あらすじは
クリスマスイブの夜、教会ではミサの支度もできました。
教会にいた一匹の子ネズミはおなかが空いてたまりません。
食べるものが見つからなかったので、仕方なくオルガンのふいごをかじってしまいました。

そのうちにオルガン奏者がやってきてミサの練習を始めましたが音が出ません。
困った奏者がモール神父に相談しました。
モール神父はしばらく考え、すぐにクリスマスの短い詩を書き、そして、奏者はこれにやさしいメロデイーを付けました。
ミサでこの曲を聴いた人々は感動しました。
二人で一緒にミサで新しい歌を作ったというお話、これが♪きよしこの夜の誕生だそうです。

舞台となったオーベンドルフの聖ニコラウス教会では今でもクリスマスイブには世界中からミサに参加されるそうです。
ザルツブルグにも近い村とのことできっと美しい町でしょう。
いつかクリスマスの頃に行ってみたいです。

2020年12月 2日 (水)

12月のイベントのお知らせ

  

                   Photo_20201202223101        

12月を迎えました。

3月のイベント中止から9ヶ月経過しましたが、今月13日の日曜日に小さなイベントを再開いたします。
新型コロナウィルス感染が未だ収まらず、不穏な日が続きます。
師走に入り、何かと慌ただしいことと思いますが、お時間ありましたらどうぞお越しください。

vol.45 ミュージックドロップ

日時:2020年12月13日【日】 11:00~12:00

場所:笠間地域ケアプラザ多目的ホール JR大船駅笠間口下車2分 
(笠間口のエスカレーターを降りて左側にあるマンションルリエ大船の3階です。)

定員:20名  どなたでもご参加いただけます  入場無料  事前申込制


内容:

☆影画紙芝居の上演 「幸福の王子」オルガニートのBGM付き

心優しい王子とツバメの物語・浜崎ゆう子さんの美しく幻想的な影絵をご紹介します。

                    5759 

☆オルガニートのミニコンサート

後半はオルガニート奏者の宮本由利子さんによるオルガニートのミニコンサートです。

讃美歌メドレー、クリスマス曲その他 心に響く音色をお楽しみください。

☆クリスマスの絵本展示 世界のクリスマスの絵本を展示いたします。


*新型コロナウィルス感染防止のため、当日の検温、マスク着用、上履き持参をお願いいたします。

お問い合わせ&お申し込みは

✉2008porima@gmail.com     ☎080-3478-2532マツウラまで

この事業は栄区社会福祉協議会さかえふれあい助成金交付事業です。

2020年3月 5日 (木)

3月のイベント中止のお知らせ

Photo_20200305214801                    Photo_20200305214801
桃の節句も過ぎ、待ちに待った春の訪れです。
久々のブログ更新ですが、皆様お変わりございませんか?

先週まで義母の看護で札幌に帰省しておりました。
新型コロナウィルスの感染拡大で滞在中に状況が目まぐるしく変化して日毎不安が募りました。
いつもは観光客でにぎわう街中も行き交う人も少なく感じました。
病院から面会の自粛が伝えられた日、夕方、テレビで鈴木知事の緊急事態宣言を見て緊張感でいっぱいになりました。

世界中で日に日に感染者が増え続けています。感染者の皆さんが一日も早く快復されますことをお祈りいたします。
感染予防を心掛けていくしかないのですが、今の事態が収まりますよう、穏やかな日々が戻りますように。


                           Photo_20200305225201


3月のイベントの告知をする予定でした。
22日にリリス音楽ルームで年度末のミュージックドロップ、バイオリンやチターの先生たちと楽しいプログラムを考えておりましたが、今回の新型コロナウィルスの感染拡大を受け、中止することにいたしました。
一部お知らせ入れておりました皆様にはご迷惑をおかけしました。
告知することなく中止となり残念ではありますが、また年内に是非させていただけたらと思います。
その時はどうぞよろしくお願いいたします。

おと工房ぽりま 松浦

2019年12月26日 (木)

クリスマスのオルゴール

クリスマスの頃によく使うオルゴールはなんといってもオルガニート、手回しオルゴールです。
つい先日も学童のクリスマス会にお声かけていただき、影絵のBGMとして演奏しました。
自分でも回してみたいという子たちが順番に一人ずつクリスマスの曲を演奏してくれました。


           Turi
                    
ツリーの形をしたオルゴールは回すと音色と共にツリーも回ります。
これは高山のオーク・ヴィレッジのオルゴールです。
もみの木のオイルも付いていました。
曲は♪きよしこの夜 音色が美しいです。

                    Yuki


このオルゴールはもう40年以上前のもので、スケートをしている男の子と女の子のお人形が音楽に合わせてクルクル回ります。
ちょっと面白いのは音に反応してスタートすること、手を叩くとオルゴールの曲が流れてきます。
短縮されたクリスマスの曲が2曲ずつ入っています。おうちのところには灯りが燈っているので暗くすると浮かび上がります。
これまで何人の子どもたちが手を叩いて楽しんでくれたことでしょう。その時のワクワクする様子のかわいいこと…


                   Kann


今年、レピドールのクリスマスクッキーを注文しました。
杉浦さやかさんのかわいいイラストです。このクッキー、缶のふたを開けるとなんとクリスマスの曲が流れるのです。
♪おめでとうクリスマスの曲、あっという間ですが、ちょっとしゃれた演出で嬉しくなります。

どれも楽しい時間を共有した仲間たち。
また来年もこのオルゴールたちが活躍してくれるといいなと思います。

2019年12月 6日 (金)

ミュージックドロップ

 

 

                        Photo_20191206223001


師走に入り、初めての日曜日。
天候にも恵まれて無事ミュージックドロップを行うことができました。           

                                    Tebukuro_20191214100601  

まずはじめは冬の絵本の紹介です。
今回は何年も前からイベントに参加して下さってるママに「てぶくろ」を読んでいただきました。
人前での読み聞かせは初めてとのことでしたが、絵本が大好きでお家ではいつもお子さんたちに読まれてます。
ふんわりやわらかな語りで皆さんも耳をすませて静かに聞いて下さいました。

今回の「てぶくろ」はウクライナの民話でラチョフの絵が有名ですが、あの絵はちょっと苦手なのです。
たまたま「おはなしよんで」というふれあい親子のほんの中にほのぼのしていてかわいい絵の「てぶくろ」を見つけました。
西片拓史さんの絵です。真っ白な雪の上に真っ赤な手袋、大人だってわあ!かわいいってワクワクしてきます。
お話も簡潔にまとめてあり、「いれて、いいよ、どうぞ」とこどもたちがだれにでもやさしくなれる語りです。

西片さんの絵本で「はつゆき」というのがあります。絵が北欧の風景みたいで神秘的。
ちょうど今の季節にピッタリでツンとした冷たさの中、子どもたちが繰り広げるファンタジーがすてきです。

                    Hatuyuki


2冊目はスキャリーおじさんの「どうぶつたちのメリークリスマス」です。
初版は1950年、懐かしさを感じるレトロな絵と楽しいお話が18編詰まっている大型絵本です。
その中の一つ「うたうクリスマスツリー」をご紹介しました。
                                                                          
                                       0sika

シカの親子の「うたうクリスマスツリー」は子ジカが町のお家の中で見つけたきれいな木、それがクリスマスツリーだと知り、お母さんにおねだりします。
そして森の奥の小さなもみの木に甘い木いちごとやわらかな木のめをぶらさげて次の朝まで待つことに。
はじめは光ってもかがやいてもいないもみの木にがっかりした子ジカですが、朝になって見に行くといくつものつらら、雪の結晶が赤、青、緑にきらきらかがやき、枝にはたくさんの色とりどりの小鳥たちがにぎやかに木いちごや木のめをついばんでいたのを見て大喜び!
そばには森のどうぶつたちも集まってきて小鳥たちの歌声を楽しんでいます。
絵の中から歌声が聞こえてきそうです。

                                    12tuki1hi

絵本の後は渡邊加奈さんのフルートのミニコンサートです。
愛の挨拶から始まり、ユーモレスク、くるみわり人形行進曲、リベルタンゴ、レット・イット・ゴー
オカリナの演奏でいつも何度でも披露してくださいました。
皆さん、フルートの美しい音色にうっとりです。

今回の影絵紙芝居は「おかしな朗読会」。
知らないうちに一番前のマットに子どもたちが座ってくれています。
ライトが付いて絵が浮かび上がった時、初めて観た2歳の坊やが「きれい!」って声をあげました。
まだお話もできないお子さんでしたがちゃんとわかるんですね。私たちの方が驚きました。
今回、笠間では初めてオルガニートのBGMでご紹介しました。

最後は皆さんで楽器をならしながらクリスマスソングメドレーを歌いました。
終了後のお茶会では歓談したり、オルガニートを回したり、絵本を見たり等々~自由に過ごしていただきました。
師走のお忙しい時にこうして集まっていただき、一緒に楽しい時間を共有できたこと、大変幸せに思います。
皆さん、ありがとうございました。

 

 

2019年11月 6日 (水)

12月のイベント

あっという間に11月となりました。

先月の台風は各地に甚大な被害をもたらしました。
災害のニュースを見るたび胸が痛みます。
何度も訪れたいわき市、そこに住む双葉町の皆さんの中には水害で住宅確保が難しい方も出てると聞きました。
この夏初めて旅した上田市や長野市、バスの窓から見た千曲川ののどかな風景が一変した姿に自然の力の恐ろしさを改めて知らされました。
被災された方たちが一日も早く元の平穏な生活に戻られますようにお祈り申し上げます。



                  Photo_20191106012401
 

                 ♪12月のイベントのお知らせ♪

今年も年末のミュージックドロップをさせていただきます。

日時:2019年12月1日(日) 14時~15時

場所:笠間地域ケアプラザ多目的ホール

定員:40名

参加費:大人300円 こども無料  事前申し込み

小さなお子様連れもお一人でもどなたでもご参加いただけます。


★影絵紙芝居の上演 「おかしな朗読会」 浜崎ゆう子さん作

世界の名作7作品の一場面を幻想的な影絵でご紹介します。BGMはオルガ―ニート(手回しオルゴール)

赤ずきん・桃太郎・ピノキオ・オズの魔法使い・シンデレラ・西遊記・ヘンゼルとグレーテル

★絵本のよみ聞かせと紹介

クリスマス絵本や札幌のふきのとう文庫さんの布絵本を展示します。

手に取って触っていっぱい遊んでください。

★フルートのミニコンサート

フルート奏者の渡邊加奈さんによるフルートの演奏

愛の挨拶 ユーモレスク ジュ・トゥ・ヴ くるみわり人形行進曲 ホール・ニュー・ワールド 

レット・イット・ゴー クリスマスの曲 その他

今年のミュージックドロップはぽりまと共に世界を巡ってみましょう。

日曜の午後のひと時、美しい影絵やフルートの音色をおたのしみ下さい。


お問い合わせ&お申し込みは
✉2008porima@gmail.com  ☎080-3478-2532 マツウラまで

この事業は栄区社会福祉協議会さかえふれあい助成金交付事業です


              820206a1755ffe5799ca0973af98de08 

音楽イベントも11年目を迎え、今回で44回目となります。
先日、横浜市の社会福祉協議会から会長感謝という表彰をいただきました。
昨年の区のと同様、こんな小さな活動に光を差していただけたようでうれしく思います。
たくさんの方々に助けていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。




 

 

2019年8月18日 (日)

オルガニート

Photo_20190818214201                                               Photo_20190818222601 Photo_20190818223801
                                       
オルガニートと出合ったのは5年前のこと。
この楽器の魅力は美しい音色は勿論ですが、誰でも簡単にすぐ回せること、
たった20音の音だけでいろんな曲を演奏できることです。
先日のワークショップでも皆さんに楽しんでいただけました。


                   Kasama_20190818225501                    


講師の宮本さんや愛好会の方による演奏から始まります。
2つの調によるアメージンググレース、
となりのトトロ、静かな湖畔では2台での輪奏、
口笛とのデュエットで口笛吹きと小犬、電車の発車音のクイズ等々
普段なかなか聴けないオルガニートを紹介していただきました。

ワークショップでは3パターンの中からやりたいものを選びました。

①カードに好きな絵をかいて絵にパンチで穴を開ける、それを回すとオリジナルの曲ができます。
②カノンコードにそって穴を開ける。パッヘルベルのカノン風になります。
③あらかじめ楽譜になっている曲に穴あけ。ハッピーバースデーなど。

最後は一人ずつ前に出てそれぞれ自作のカードを演奏しました。
皆さんとてもいい笑顔で演奏してくださいました。

オルガニート愛好会の皆さんは首都圏を中心に情報交換の場を設けておられます。
誰でも自由に参加できるとのこと、いつか伺ってみたいです。
愛好会の皆さん、ステキな演奏をありがとうございました。
オルガニート愛好会https://organette.jimdo.com/


                   010
                                    

                                                    
今年の夏、私のオルガニートも札幌と長野で大活躍でした。
札幌のふきのとう文庫、長野の保育園で影絵紙芝居の上演をした際、オルガニートを持参しました。
今まで一人で影絵の上演に行く時のBGMにはピアノを録音したものを使用していましたが、最近はできるだけ自然の音にしたくてオルガニートのBGMを流しています。

当日、友人にオルガニートを回すのをお願いしました。
上の影絵「ヘンゼルとグレーテル」にはオペラの中の曲、♪こびとさんのうたと♪主の祈りを繋げた楽譜カード、どれも語りと長さもピッタリです。

札幌も長野も影絵紙芝居を観るのは初めての方ばかり。
大人も子どもも美しい影絵にやさしい音色、どちらも充分に楽しんでいただけたようで嬉しい時間でした。

 





 

2019年7月14日 (日)

オルガニートとあそぼう!

                                             
                                                            
                                             
                                           Photo_20190714204101


もうすぐ楽しい夏休みですね。

8月のイベントのご案内です。
今年もオルガニートのやさしくて美しい音色をお楽しみいただきます。

日時:2019年8月3日(土) 10:30~12:00

場所:笠間地域ケアプラザ多目的ホール

対象:どなたでも

定員:30名

参加費:大人300円 こども無料 事前申込制


                                          Photo_20190714205001
                


内容:オルガニートのミニコンサート&ワークショップ

オルガニートは手回しオルゴールのことです。パンチで穴をあけるカードが楽譜なんですよ。

♪ カードに書いた絵や文字が世界にたった一つの曲になる!?

♪ 短い曲のカードを作って演奏できる!

お一人でも小さなお子さん連れもどうぞ。

土曜日の朝のひと時、オルガニートで楽しい時間を過ごしませんか?

お問い合わせ&お申し込みは

✉2008porima@gmail.com


☎080-3478-2532松浦


2019年6月22日 (土)

影絵紙芝居の会(札幌)


  Photo_20190622192401


庭のアジサイがうすむらさきの美しい花を咲かせています。
ちょうど札幌の家の玄関先のライラックと同じ色合い、やさしくてさわやかです。

来月、札幌で影絵紙芝居を上演することになりました。


日時:7月6日(土) 14時~15時

場所:ふきのとう文庫多目的ホール 札幌市中央区北6条西12丁目8 中通南向
(JR北海道桑園駅南東へ500m 市営地下鉄西11丁目北へ約1キロ)

影絵紙芝居4作品の上演 影絵作家浜崎ゆう子さんの作品

☆幸福の王子 オスカー・ワイルド原作 心やさしい王子とつばめのお話

☆ねずみのよめいり 日本の昔話

☆ヒロシマの詩 母 被爆者大平数子さんの詩による影絵

☆おかしな朗読会 世界の名作10作品の一場面

入場無料 事前申込をお願いします


帰省の折、札幌の友人に影絵紙芝居を紹介するため上演することになりましたが、どなたでも観ていただけます。
お一人でも小さなお子様連れも大丈夫です。
札幌のお知り合いでご興味ある方にお知らせくださるとうれしいです。

土曜の午後のひととき、うつくしくやさしい影絵をお楽しみください。

お問い合わせ&お申込みは
✉2008porima@gmail.com  ☎080-3478-2532松浦まで

«京都の本屋さん

フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ